おだわら市民学校専門課程「自然を守り育てる」令和元(2019)年度カリキュラム

講座の様子

小田原の豊かな自然環境は、清浄な水や空気をつくって私たちの生存を支え、同時に多様な生態系を維持する基盤であるとともに、地域の経済を担う生産基盤でもあります。
この講座を通じ、さまざまな環境問題の解決に向けて身近なことから考え、行動を起こし、それを地域に伝え広めていくチカラを育みます。実習を中心とした学びにより、多くの実践団体と交流し意見交換することで、小田原の自然環境の状況や課題を知り、受講後の具体的な関わり方を見つけます。


令和元(2019)年度専門課程「自然を守り育てる」カリキュラム

回数 開催日時 内容 講師 会場
1 6月1日(土)
10:00~12:00
開講・オリエンテーション
小田原の自然環境を知る
パシフィックコンサルタンツ株式会社 けやき
2 6月15日(土)
9:00~12:00
小田原の自然に触れる1
・沼代の棚田で田植え体験
サシバプロジェクトチーム
賴ウメ子氏
沼代地区
3 7月18日(木)
18:00~20:00
小田原の自然に触れる2
・海から見る小田原の自然
石橋ダイビングセンター代表
滝田叔歳氏
東京大学生産技術研究所平塚総合海洋実験場
博士 石戸谷博範氏
けやき
(予定)
4 7月27日(土) おだわら市民学校公開講座 おだわら市民学校名誉校長 神野直彦 (日本社会事業大学学長・東京大学名誉教授) けやき
5 8月18日(日)
8:00~15:00
小田原の自然に触れる3
・久野里地里山野遊び探検
美しい久野里地里山協議会 久野地区
6 9月7日(土)
9:00~12:00
小田原の自然に触れる4
・獣害の実態、罠猟による獣害対策
おだわらイノシカ捕獲ネットワーク
川島範子氏子育て政策課職員
けやき(予定)
フィールド(未定)
7 10月3日(木)
10:00~12:00
グループワーク
・体験を通じて感じたことを話し合う(前半の振り返り)
環境政策課職員
生涯学習課職員
けやき
8 10月30日(水)
10:00~12:00
(共通講座) 小田原の自然環境を学ぶ ・地質などから分かる小田原の自然 県立生命の星・地球博物館 名誉館長 斎藤靖二氏 けやき
9 11月23日(土)
9:00~12:00
小田原の自然に触れる5
・小田原の放棄竹林、竹炭づくりについて
おだわら環境志民ネットワーク個人会員
播摩信之氏
東京都市大学環境情報学部教授 吉﨑真司氏
荻窪地区
10 12月15日(日)
12:00~16:00
小田原の自然に触れる6
・おひるねみかん収穫祭(自然エネルギーを使って地域の山を守ろう、田畑を守ろう)
合同会社小田原かなごてファーム
小山田大和氏
下曽我地区
11 1月18日(土)
9:00~12:00
小田原の自然に触れる7
・山の適切な管理、枝打ち間伐体験
NPO法人小田原山盛の会 フィールド(未定)
12 2月4日(火)
10:00~12:00
小田原の自然環境を守るために
振り返り
閉講
おだわら環境志民ネットワーク会長
辻村百樹氏
環境政策課職員・生涯学習課職員
けやき
  • 日程・時間・会場等は変更になる場合があります。
  • 荒天の場合、日程を延期する場合があります。

講座の様子
講座の様子
講座の様子

令和元(2019)年度専門課程受講生を募集します(今年度の募集は終了しました)

専門課程は、基礎課程から進む方を対象としていますが、定員に達しない分について一般募集をします。

対象

すでに興味のある地域の活動分野が決まっている、高校生以上・4人(多数抽選)
※抽選の場合は、市内在住の方を優先します。

受講料

3,000円

申込方法

電話、または電子申請でお申込みください。

  1. 電話でのお申し込み。
    小田原市生涯学習センターけやき 電話0465-33-1882 ※第4月曜日を除く
  2. 電子申請でのお申し込み。
    次のリンク先の電子申請システムから、お申し込みください。

申込期間

平成31(2019)年3月26日(火)~4月30日(火)

小田原市生涯学習センターけやき(小田原市荻窪300番地)

地図を表示

>> 大きい地図を表示

 からの 

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:生涯学習課

電話番号:0465-33-1721


おだわら市民学校事務局

小田原市文化部生涯学習課(生涯学習センターけやき) 〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 電話:0465‐33‐1882ファックス:0465-35-5449

© City of Odawara, All Rights Reserved.