おだわら市民学校公開講座 受講者募集!【令和元年(2019年)7月27日(土)】

チラシ

地域の今と未来のため、そして「持続可能な地域社会」の実現のためには、
さまざまな世代や立場の皆が郷土を愛し、手を携えチカラを発揮して
課題を乗り越えていくことが求められます。
「おだわら市民学校」は、皆で集い、ともに学び、
実践へ繋げる「人のチカラ」を育む ” 新たな学びの場 ”

今回開催する公開講座は、「おだわら市民学校」が目指す"人づくり"、
"まちづくり"について、有識者や実践者からお話を聞きます。

この公開講座をきっかけに、あらためて小田原を見つめ直してみませんか。


日時

令和元年(2019年)7月27日(土)午後2時から午後4時

会場

小田原市生涯学習センターけやき ホール(小田原市荻窪300番地)

※駐車台数には限りがございますので、ご来場の際はなるべく公共交通機関をご利用ください。

定員

200人 (申込先着順)*定員に空きがある場合に限り、当日参加も可。

内容

第1部:基調講演(午後2時から午後3時)

演題「市民がともに学び、分かち合い、創るまち」
神野先生 

講師
神野直彦(じんのなおひこ)氏(おだわら市民学校名誉校長、日本社会事業大学学長、東京大学名誉教授)

講師略歴
1946年埼玉県生まれ。
東京大学経済学部卒業後、日産自動車を経て同大学院経済学研究科博士課程修了。
大阪市立大学助教授、東京大学教授、同大学院経済学研究科長・経済学部長、関西学院大学教授、地方財政審議会会長などを経て、日本社会事業大学学長、東京大学名誉教授。
専攻は財政学・地方財政論。


第2部:パネルディスカッション(午後3時10分から午後4時)

すでに担い手として活躍している実践者の方々から、活動の魅力や課題を伺い、これから小田原が目指すべき"人づくり"、"まちづくり"について考えます。
コーディネート:加藤 憲一 (おだわら市民学校校長、小田原市長)
アドバイザー :神野 直彦氏(おだわら市民学校名誉校長、日本社会事業大学学長)
パネリスト  :小澤 明人氏(農業者、元JAかながわ西湘青壮年部委員長)
       :酒井 勇紀氏(神奈川県西地区リハビリテーション連絡協議会会長)
       :志村 成則氏(おだわら環境志民ネットワーク理事)
       :立山 和也氏(富水地区まちづくり委員会 文化・教育分科会副分科会長)
       :山本 加世氏(特定非営利活動法人mama's hug代表)
  

参加費

無料

申込方法

1・2のいずれかの方法でお申し込みください。
  1. 電話でのお申し込み。
    生涯学習センターけやき 電話0465-33-1882 ※土・日・祝日・第4月曜日を除く
  2. 電子申請でのお申し込み。
    次のリンク先の電子申請システムから、お申し込みください。

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:生涯学習課 生涯学習センターけやき

電話番号:0465-33-1881


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

おだわら市民学校事務局

小田原市文化部生涯学習課(生涯学習センターけやき) 〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地 電話:0465‐33‐1882ファックス:0465-35-5449

© City of Odawara, All Rights Reserved.