最終更新日:2016年04月21日


請願・陳情について

市政等について意見や要望がある場合には、請願や陳情を市議会に提出することができます 

1 請願・陳情とは

請願とは
請願は、市政に対する要望や意見を市議会に提出するものです。提出には市議会議員の紹介が必要です。請願は原則として、所管の委員会に付託して審査され、本会議で最終的に採択か不採択か決められます。 採択とした場合には、その内容により市長部局等に送付し、議会は処理の経過と結果報告を求めることができます。
陳情とは
陳情は、紹介議員の必要はありません。本市議会では、陳情は原則として、所管の常任委員会等に付託して審査され、本会議で最終的に採択か不採択か決められます。
※本市議会では、郵送で提出された陳情は、各議員への参考配付のみとしております。

2 提出時期

請願・陳情はいつでも提出できますが、会期中の常任委員会等で審査・配布される請願・陳情の提出期限は、定例会告示日(定例会初日のおおむね1週間前)までです。

また、定例会告示日の翌日以降、会期最終日前々日(休日を除く)までに提出されたものは、その定例会後の閉会中に審査するものとして、常任委員会等に付託いたします。

会期最終日の前日以降に提出されたものは、次回の定例会中に審査することとしています。

詳細は議会事務局へお問い合わせください。 

小田原市議会陳情審査基準  PDF形式 :4.9KB


3 審査の流れ

  1. 提出された請願・陳情に必要事項が記載されているかを議会事務局で確認します。
  2. 議長が受理します。
  3. 受理した請願・陳情は専門的に審査するため、本会議において、原則として、所管の委員会に付託いたします。
  4. 付託された請願・陳情は委員会で質疑や討論がされ、「採択すべきもの」、「不採択とすべきもの」の取り扱いの決定がされます。
    ※陳情については、意見陳述が可能です。
  5. 本会議において、委員会での審査結果を報告し、最終的に請願・陳情の取り扱いを議長を除く全議員で議決します。
  6. 議長は請願・陳情の提出者に審議結果を通知します。
審査の流れ

請願書の記載例

 ※押印のない請願・陳情は受理できませんので、ご注意ください。 

 (1枚目)                        

                                          平成○○年○月○日 

                                                           

 

 

○○○○○○○○についての請願書

 

 

 

 

 

 

 

                                                    紹介議員       印

    

 

  (2枚目)

 

請願趣旨

 




 

( 本 文 )

 

 

 

請願項目



 

 ( 項 目 )

  

  

  

小田原市議会議長

○ ○ ○ ○ 様

 

                                                 

             請願者                                    

 

                        住 所□□市  △△△△                                                 
                        氏 名 ○ ○ ○ ○ 印

 

※請願者が法人の場合には、その名称及び代表者氏名を記入 

陳情書の記載例

   

                                                                                      平成○○年○月○日  

         小田原市議会議長

 

             ○ ○ ○ ○ 様

 

                 

 

 

 

○○○○○○○についての陳情書                                       

 

 

 

     陳情趣旨

 

 

 

( 本 文 )

 

 

    陳情項目

 

 

  

( 項 目 )

  

 

                                  陳情者

                                                                        住 所 □□市△△△△

                                                                        氏 名 ○ ○ ○ ○  印

 

            ※陳情者が法人の場合には、その名称及び代表者氏名を記入  

 

※ 連名で提出する場合には、それぞれ氏名、住所、押印が必要となります。

※ 郵送で提出される場合、議会事務局から事務連絡等をさせていただく場合がありますので連絡先を記載してくださるようお願いいたします。 

陳情者の意見陳述について

1 概 要

(1)
意見陳述の実施
当該陳情が審査される委員会において、陳情者のうち、希望される方は、意見陳述をすることができます。陳情の審査中に実施します。
※あらかじめ傍聴手続きをとられていれば、会場内で職員がご案内いたします。傍聴手続きをとられない場合は、3階議員ロビーでお待ちください。
※意見陳述の開始時間は、当日の委員会の進行状況により、意見陳述を行っていただく時刻が前後しますので、あらかじめご了承願います。
(2)
陳述者及び関係者
【陳述者】
陳情1件につき、陳情者(陳情書に記載されている方)1名とします。ただし、委員長が認める場合、陳情に携わっている方も陳述者となることができます。
【関係者】
上記陳述者以外に1名が同席できます。陳述はできませんが、その後実施される委員からの質疑に対し答弁することができます。
(3)
陳述内容
初めに自己紹介をしていただいた後、陳情を提出するにいたった思いや意見を述べていただきます。
(4)
陳述時間
陳情1件あたり5分以内とします。
5分を経過した場合、書記がベルを鳴らしますので、速やかに終了してください。
(5)
陳述場所
委員会室内に陳述者席を設けますので、着席して陳述願います。
(6)
陳述者及び関係者への質疑
陳述者の陳述終了後、委員からの質疑があり、陳述者に加え、関係者も答弁することができます。
なお、陳述者及び関係者から委員への質疑はできません。
(7)
資料等の配付
陳述者はパネルやスクリーン等の使用はできません。
委員会開会中に資料配付はできません。
なお、各委員に参考資料として、事前に資料配付ができますので、希望される場合は議会事務局まで申し出てください。
(8)
意見陳述後の陳述者の傍聴について
意見陳述終了後、執行部が入室して、委員会審査を続行いたします。
意見陳述終了後は、退席していただきます(傍聴手続きをされている場合は、傍聴可能です)。
(9)
意見陳述時の注意事項
陳述に際しては、下記の事項を守り、委員長の指示にしたがってください。
 ア.決められた発言時間を超過しないでください。
 イ.当該陳情の趣旨説明の範囲を超えた発言を行わないでください。
 ウ.個人情報に関する発言や公序良俗に反する発言、特定の政党、会派、議員、個人、団体等への非難・中傷や、名誉を棄損する発言を行わないでください。
 エ.会議の秩序を乱し、又は会議の妨害となる行為をしないでください。
(10)
その他
委員会における意見陳述に係る発言は、会議録に掲載され、市役所4階行政情報センターおよび小田原市議会ホームページにて公開されます。

2 意見陳述の流れ

(1) 陳述者及び関係者の陳述者席への移動(職員がご案内いたします。)
(2) 所管常任委員長による陳情についての議題の宣告
(3) 書記からの陳情の朗読
(4) 陳述者及び関係者の意見陳述
★・・・陳述者(5分以内)
☆・・・関係者(陳述はできません。次の委員からの質疑に対する答弁ができます。)
(5) 委員から陳述者及び関係者への質疑と答弁
(6) 陳述者及び関係者の退席(傍聴手続きをされてる場合、傍聴可能です。)
(7) 執行部の入室
(8) 執行部に対する意見聴取及び質疑
(9) 陳情の採決等
意見陳述の流れ

この情報に関するお問い合わせ先

市議会事務局:議会総務課

電話番号:0465-33-1761


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

議会名簿
議会中継
会議録
市議会だより
よくある質問
行政視察

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)