自転車を安全に利用しましょう

自転車は利用がしやすく、身近な交通手段として幅広い年齢層に利用されています。
一方で、自転車による事故も発生しており、自転車の安全で適正な運転が利用者に求められています。

自転車に乗るときは、自転車の基本的な通行ルールである「自転車安全利用五則」を守って、安全運転に努めましょう。

自転車安全利用五則

  1. 自転車は、車道が原則、歩道は例外
  2. 車道は左側を通行
  3. 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
  4. 安全ルールを守る
  5. 子どもはヘルメットを着用

危険行為を繰り返すと自転車運転者講習制度の対象となります

自転車の運転者が3年以内に2回以上、危険行為を繰り返すと自転車運転者講習を受けることになります。
自転車運転者講習の対象となる危険行為の一例は次の通りです。
詳しくは神奈川県警察本部にお問い合わせください。

 

  • 信号無視
  • 遮断踏切立入り
  • 指定場所一時不停止等
  • 歩道通行時の通行方法違反
  • 制御装置(ブレーキ)不良自転車運転
  • 酒酔い運転 など

自転車事故の賠償事例

自転車での事故も損害賠償の対象となります。自転車の運転中に事故を起こし、加害者となると、刑事責任や民事責任等を負うことになります。被害者から損害賠償請求され、高額な支払いを命じる判決が出た事例があります。

事例1 賠償額 約9500万円

自転車に乗っていた小学生が歩行者と衝突し、歩行者は後遺障害で寝たきりとなりました。
その保護者に損害賠償が命じられました。
(平成25年7月 神戸地裁判決)

 

事例2 賠償額 約3000万円

日没後、信号が変わる前に横断しようと自転車を加速したところ、向かってくる歩行者に気付いたものの、ブレーキが間に合わず正面衝突し、歩行者は死亡しました。自転車はライトをつけていませんでした。
(平成19年7月大阪地裁判決)

神奈川県が自転車に乗る方の保険加入を義務化

自転車の安全利用と自転車損害賠償責任保険加入義務を柱とした「神奈川県自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」が平成31年4月から施行されました。令和元年(2019年)10月から自転車に乗る方は保険加入が義務化されます。

保険の加入状況を確認しましょう。

自動車の任意保険や火災保険等に加入している場合

現在、加入しているご自身の保険の特約につけられるか、保険会社に確認・相談してみましょう。

 

保険に加入していない、保険に入っているか不明な場合

自転車安全整備士による点検・整備を受けるとTSマーク付帯保険(有効期限1年)に入ることができます。自転車保険を扱っている保険会社に相談してください。

 

最終更新日:2019年05月28日


この情報に関するお問い合わせ先

市民部:地域安全課

電話番号:0465-33-1396


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.