小田原市

小田原市洪水ハザードマップ

1 洪水ハザードマップについて

 洪水ハザードマップとは、大雨等によって河川が増水し、堤防が決壊した場合の浸水予測結果に基づいて、浸水の範囲と深さ、避難場所などを示した地図です。河川の氾濫の恐れがあるときは、市から避難準備情報・避難勧告・避難指示を出しますので、速やかに避難してください。

(作成年度) 
 酒匂川、狩川、仙了川、要定川、洞川、山王川 ・・・ 平成21年度作成(平成25年度一部改訂)
 早川、森戸川、中村川 ・・・ 平成23年度作成

2 洪水ハザードマップの見方

 「いざ」という時に備えて、日頃から様々な事態を想定したり、避難場所や避難経路を確かめておくことが必要です。洪水ハザードマップを活用し、日頃から家庭や地域で話し合い災害に備えましょう。

  1. 住んでいる場所がどのくらい浸水する可能性があるのかを知っておきましょう。
  2. 最寄の避難所を確認しておきましょう。
  3. 避難所に行くのにどのような経路があるか調べましょう。

3 洪水ハザードマップ(A~C分割版)

「わが家の避難行動マニュアル」を記入する際にご覧ください。

※ 芦子、東富水、富水、久野、大窪、早川、下曽我、国府津、片浦、曽我、橘南、橘北地区は、土砂災害ハザードマップをご覧ください。

4 洪水ハザードマップ(各河川) ※ダウンロードしてご活用ください

早川  PDF形式 :812.9KB


森戸川  PDF形式 :1.1MB


中村川  PDF形式 :918.5KB


5 洪水ハザードマップ情報面(マップ裏面)

事前に知っておきたいこと  PDF形式 :486KB


水害時の避難に関する心得  PDF形式 :1.1MB


災害はこうして起きる  PDF形式 :726.1KB


水害時危険となる箇所  PDF形式 :621.5KB


わが家の防災メモ  PDF形式 :492.8KB


※ダウンロードのほか下記URLの小田原市地理情報システムから各河川の浸水想定を閲覧することができます。

※浸水想定区域内の要配慮者利用施設については、地域防災計画資料編121ページ及び122ページに「資料5-12 浸水想定区域内高齢者等入居施設一覧」として記載しています。

最終更新日:2015年12月08日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

防災部:防災対策課

電話番号:0465-33-1855


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.