小田原市

木造住宅耐震診断費・耐震改修費補助金

地震はいつ起こるか分かりません。被害を最小限にするためには地震に対する備えが必要です。

 

本市では、木造住宅の耐震性の向上を図り、「安全で暮らしやすいまちづくり」を推進するため、古い木造住宅の耐震診断と耐震改修の費用の一部を補助する制度を実施しております。

 

ご希望の場合は建築指導課にお問合せください。

木造住宅耐震診断費補助金

補助金額 

1 市民税非課税の高齢者(65歳以上)のみの世帯
 耐震診断費の全額を助成(9万円を上限)
2 1以外の世帯
 耐震診断費の3分の2を補助(6万円を上限)

対象となる住宅

小田原市民のかたが所有し、居住する住宅で次の条件のすべてに該当するもの

(1)昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅で、昭和56年6月1日以後に増・改築していないもの(ただし、増築に係る部分の床面積が既存建築物の延べ面積の2分の1以下の場合は対象とする)

(2)平屋・2階建てであるもの

(3)木造在来軸組工法によるもの

対象となる診断

建築士の資格を有し、神奈川県木造耐震診断講習会を修了した者が行う、耐震診断

木造住宅耐震改修費補助金

補助金額

1.設計・工事監理費補助金

設計・工事監理費の3分の2(15万円を上限)

2.改修費補助金

改修費の2分の1(55万円を上限)

対象となる住宅

小田原市民のかたが所有し、居住する住宅で次の条件のすべてに該当するもの

(1)昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅であるもの(昭和56年6月1日以後に増築されたものを除く)

(2)平屋・2階建てであるもの

(3)木造在来軸組工法によるもの 

(4)耐震診断の結果、総合評点が1.0未満「やや危険、倒壊の危険」であるもの

対象となる工事

基礎・柱・はり・筋かい(耐力壁を含む)の補強,屋根のふき替えによる軽量化などの耐震改修工事で、補強後の総合評点が1.0以上「安全、一応安全」となる工事

申し込み手続き及び申込先

耐震診断・耐震改修計画や工事費用などについての事前協議が必要となります。

申し込み・問い合わせ先

都市部建築指導課 0465−33−1433

【木造住宅耐震診断】交付申請書  ワード形式 :64.5KB





【木造住宅耐震診断】実績報告書  ワード形式 :62KB



【木造住宅耐震改修】交付申請書  ワード形式 :66KB





【木造住宅耐震改修】中間報告書  ワード形式 :61KB




【木造住宅耐震改修】実績報告書  ワード形式 :62.5KB



【木造住宅耐震改修】工事監理状況報告書  PDF形式 :126.3KB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。



最終更新日:2016年07月06日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

都市部:建築指導課

電話番号:0465-33-1433


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.