小田原市

脊柱側わん症検診

子どもの脊柱は柔軟性があり、発育とともに変化しながら発達して行きます。脊柱側わんについては、姿勢を正すことで自然に矯正される一過性のものから、脊柱が横に曲がったり、ねじれを生じる永続性の病気もあります。

また、高度の脊柱側わん症は、心臓や肺の機能にも影響があり、早期に診断して治療できるよう検診を行っています。

1次検査

春の内科検診において、学校医が脊柱に異常がないか調べます。

(1)対象者は小・中学校全員

2次検査

専門医(整形外科)による視触診を実施します。

(1)対象者は1次検査で2次検査(視触診)が必要と認められたもの

3次検査

指定医療機関(整形外科)で精密検査を行ないます。

判定委員会

指定医療機関の医師(専門医)/学校医と管理指導区分を決定します。

脊柱手帳

専門医・家庭・学校が連絡をとり、学校生活を送る上で、子ども達が安全に、また、適した生活が遅れるよう連絡をとります。

最終更新日:2013年03月06日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

教育部:保健給食課

電話番号:0465-33-1691


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原子育て情報サイト「Pintacco(ぴんたっこ」
小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.