小田原市

学校給食摂取基準について

児童又は生徒1人1回当たりの学校栄養摂取基準

(文部科学省の基準から) 

区分/栄養量 幼児 小学校(低)
6~7歳
小学校(中)
8~9歳
小学校(高)
10~11歳
中学校
12~14歳
エネルギー(Kcal) 510 530 640 750 820
たんぱく質(g)
範囲
18 20
16~26
24
18~32
28
22~38
30
25~40
脂肪(g) 学校給食による摂取エネルギー全体の25~30% 学校給食による摂取エネルギー全体の25~30% 学校給食による摂取エネルギー全体の25~30% 学校給食による摂取エネルギー全体の25~30% 学校給食による摂取エネルギー全体の25~30%
カルシウム(mg) 280 300 350 400 450
鉄(mg) 2 2 3 4 4
ビタミンA(μgRE) 150 150 170 200 300
ビタミンB1(mg) 0.3 0.3 0.4 0.5 0.5
ビタミンB2(mg) 0.3 0.4 0.4 0.5 0.6
ビタミンC(mg) 15 20 20 25 35
食物繊維(g) 4 4 5 6 6.5
ナトリウム
(食塩相当量)(g)
2未満 2未満 2.5未満 2.5未満 3未満

(注)1 表に掲げるもののほか、次に掲げるものについてもそれぞれ示した摂取量について配慮すること。

マグネシウム

児童(6歳〜7歳)

70mg 

児童(8歳〜9歳) 

80mg 

児童(10歳〜11歳) 

110mg 

生徒(12歳〜14歳) 

140mg 

亜鉛

児童(6歳〜7歳) 

2mg 

児童(8歳〜9歳) 

2mg 

児童(10歳〜11歳) 

3mg 

生徒(12歳〜14歳) 

3mg


(注)2 この摂取の基準は、全国的な平均値を示したものであるから、適用に当たっては、個々の健康及び生活活動等の実態並びに地域の実情等に十分配慮し、弾力的に運用すること。

給食イメージ

最終更新日:2013年05月28日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

教育部:保健給食課

電話番号:0465-33-1691


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原子育て情報サイト「Pintacco(ぴんたっこ」
小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.