小田原市

小学生を対象とした環境教育(平成24年度)

小田原には豊かな自然環境があり、その中でも森林は、川を育み、おいしい水を生み出したり、洪水や山崩れを防ぐなどの多くの役割を担っています。こうした森林が今、手入れ不足によって十分な役割を果たせなくなりつつあります。

その森林を保全・再生するために市民や団体が活動に取り組んでいますが、まだまだ人手が足りていません。小学校の児童のみなさんには、森林観察や間伐・枝打ち体験などを通して、森林の役割や大切さを学んでいただきたいと考えています。平成24年度の取組みをご紹介します。 

小田原市立三の丸小学校

小田原市立三の丸小学校では、5年生28名の児童の皆さんを対象に、環境学習を実施しました。

1 間伐体験

平成24年11月13日(火)に久野の森を使って、神奈川森林インストラクターの方を講師に「森林の役割」というテーマで講義を行いました。

また、講義後には間伐と枝打ちの作業を班に分かれて実施し、玉切りも協力し合いながら挑戦しました。

2 木工体験

平成24年11月28日(水)に小学校で、小田原箱根伝統寄木協同組合理事長 伝統工芸士の金指勝悦さんを講師にお招きし、寄木の歴史や技法、間伐材の利用と林業との関わりについて、お話を聞きました。

また、木工体験では間伐材を利用したペン立てを製作しました。 

間伐体験1
間伐体験2
間伐体験3

木工体験1
木工体験2
木工体験3

小田原市立久野小学校

小田原市立久野小学校では、4年生56名の児童の皆さんを対象に、環境学習を実施しました。

1 事前学習

平成24年12月18日(火)に小田原地区木材業協同組合 小田原林青会の高木大輔会長を講師にお招きし、森林の仕組みと役割、山と川と里と海の関わり、間伐の必要性についてお話をしていただきました。子ども達は積極的に発言したりしていました。

また、講義後には、適切に管理されている森と管理されていない森をイメージしたジオラマを使って、森林の役割を知る為の実験を行いました。あまりの違いに、子供たちからは驚きの声が上がっていました。

2 間伐体験

平成25年1月15日(火)に、いこいの森周辺で、小田原森林組合の方と神奈川森林インストラクターの方を講師に、間伐のデモンストレージョンを見学しました。

また、間伐された木の枝払いを各班ごとに実施し、ノコギリの使い方などを学びました。枝払い後は1.5メートルの長さに切られた丸太の搬出も自分たちの手で行いました。

3 木工体験

平成25年1月22日(火)に、小学校にて木工体験を行いました。当日は小田原箱根伝統寄木協同組合理事長 伝統工芸士の金指勝悦さんを講師にお招きし、寄木の伝統や幼少期の山の様子などお話をしていただきました。

様々な種類(色)の木を使って寄木を作っていることや、箱根駅伝の往路優勝トロフィーを制作されていること等もご紹介いただきました。

木工体験では、間伐材を利用したペン立てを作成し、自分で削ったズクを張り付けたりしました。

4 樹木観察会

平成25年3月14日(木)に有限会社小田原植木の近藤増男さん を講師に、学校敷地内の樹木を観察するとともに、間伐材を使って製作した樹木プレートを設置しました。

事前学習
事前学習2
事前学習3

間伐体験1
間伐体験2
間伐体験3

木工体験1
木工体験2
木工体験3

樹木観察1
樹木観察2
樹木観察3

最終更新日:2014年03月20日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

環境部:環境政策課 環境政策係

電話番号:0465-33-1472


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.