小田原市

小学生を対象とした環境教育(平成25年度)

小田原には豊かな自然環境が多くあります。その中でも森林は、川を育み、海の生き物を育てるほか、おいしい水を生み出したり、洪水や山崩れを防ぐなどの多くの役割を担っています。こうした森林が今、手入れ不足によって十分な役割を果たせなくなりつつあります。その森林を保全・再生するために市民や団体が活動に取り組んでいます。

近年、身近な自然環境である里山や河川、海岸などでも、暮らしの中で自然とふれあうことが減りつつあります。

そこで環境政策課では、市内小学校の児童のみなさんに、自然とふれあい、自然の大切さを学ぶ機会を提供しています。平成25年度の実績をご紹介します。 

小田原市立下中小学校

小田原市立下中小学校では、5年生82名の児童の皆さんを対象に、環境学習を実施しました。

1、事前学習

平成26年1月9日(木)に小田原地区木材業協同組合 小田原林青会の高木大輔会長を講師にお招きし、森林の仕組み、役割や間伐の必要性についてお話をしていただきました。

また、適切に管理されている森と管理されていない森をイメージしたジオラマを使った実験も行いました。子供たちはその違いに驚き、森林の重要性を感じていました。さらに、省エネに関する‟ちがい探しゲーム”も実施し、環境にやさしいライフスタイルについて学びました。

2、間伐体験

平成26年1月30日(木)に、いこいの森周辺の私有林をお借りして、小田原森林組合と神奈川森林インストラクターの方を講師にお招きし、間伐のデモンストレーションの見学と班ごとに分かれての枝払い等を実施しました。初めてノコギリを使う児童もおり、一生懸命講師の方にコツを教わり取り組んでいました。

3、木工体験

平成26年2月10日(月)に小学校の体育館にて、小田原箱根伝統寄木協同組合理事長 伝統工芸士の金指勝悦さんを講師にお招きし、一輪ざしを製作しました。当日は、保護者の方にもご参加いただき、事前学習から間伐体験までの振り返りをおこない、改めて森林の機能や重要性について学びました。

また、木工体験では一輪ざし作り以外にも、金指さんにご用意いただいたズクの削り体験も実施し、子供たちは木の香りを楽しんだりしました。 

事前学習1
事前学習2
事前学習3

間伐体験1
間伐体験2
間伐体験3

木工体験1
木工体験2
木工体験3

小田原市立三の丸小学校

小田原市立三の丸小学校では、5年生31名の児童の皆さんを対象に、環境学習を実施しました。

1、事前学習

平成26年1月29日(水)に小田原地区木材業協同組合 小田原林青会の高木大輔会長を講師にお招きし、森林の仕組み、機能や間伐の必要性についてお話をしていただきました。

また、適切に管理されている森と管理されていない森をイメージしたジオラマを使った実験も行いました。森によって、流れる水の道やきれいさが全く異なり、子ども達はその違いに大変驚いていました。

2、間伐体験

平成26年2月4日(火)に、いこいの森周辺の私有林をお借りして、間伐体験を実施しました。当日は、小田原森林組合と神奈川森林インストラクターの方を講師にお招きし、間伐のデモンストレーションを見学し、その迫力に子供たちはとても驚いていました。

また、班ごとに分かれ、間伐された木の枝払いや玉切りも実施し、慣れないノコギリで一生懸命取り組みました。

最後には、3メートルの丸太を搬出する作業も行い、皆で声を掛けあいながら引っ張りました。

事前学習1
事前学習2
事前学習3

間伐体験1
間伐体験2
間伐体験3

最終更新日:2014年03月24日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

環境部:環境政策課 環境政策係

電話番号:0465-33-1472


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.