小田原市

日本野鳥の会・サシバプロジェクトチーム

代表者 頼 ウメ子
担当者 杉山 健二
MAIL rai.odawara@a011.broada.jp

活動内容

現在絶滅危惧種のサシバ(タカの一種)はかつては水田の至る所で観察された。
しかし近年耕作放棄や、谷戸田の埋め立て等により数を減らしている。10年ほど前までは小田原市でも営巣が認められたが今は皆無である。
そのため放棄田の整備を行い、再びサシバが営巣するよう活動している。毎月2回の草刈り、6月の田植え、8月の生き物調べ等を行い、随時会員の募集も行っている。
沼代棚田

最終更新日:2017年01月10日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

環境部:環境政策課 環境政策係

電話番号:0465-33-1472


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.