小田原市

「おだわら環境志民ネットワーク」設立

おだわら環境志民ネットワーク設立総会
平成28年3月28日(月)に、市内の各環境活動団体・個人の連携や協働活動を支援する新しい組織「おだわら環境志民ネットワーク」が設立されました。
 

設立の趣旨  ~「寄木(寄気)」のように人、取組、森里川海をつなげる~

小田原には、美しく豊かな自然を守り育てようと取り組んでいる、熱意ある人々が沢山います。
「おだわら環境志民ネットワーク」は、こうした人たちの協力体制を築きます。各団体・個人が、「寄木(寄気)」のように心を一つにして、小田原の美しく豊かな自然を守り育てることにより、誰もが「自然豊かな小田原で暮らせる喜び」を感じられる地域の実現を目指します。
また、このために、地域、学術、関係機関と連携し、小田原全体の環境をともに考え、ともに活動することのできる、自立的・持続的な組織への発展を目指します。

設立の趣旨  PDF形式 :172.9KB


活動の方向性

1 集う・語る・支える  ~共通理解、協働活動への展開~

自然を守り育てている人たちが集い、語り合って、その胸に抱く喜びや、悩み、期待、不安などの思いを共有できる機会をつくります。

2 調べる・学ぶ  ~調査研究とスキルアップ~

地域内外の先進的な取組や専門的な技術、身近な自然や地域のことなどを、ともに調べ、ともに学ぶ機会をつくります。

3 育てる・伝える  ~担い手の育成~

環境学習や自然観察会、エコツーリズムなどを開催し、森里川海の恵みの大切さや、自然を守り育てる活動の必要性を多くの人に丁寧に伝えます。また、自然環境への意識を高めるための啓発・広報活動などにも取り組みます。

加盟団体・個人

「おだわら環境志民ネットワーク」の、設立時の加盟団体(13団体・6個人)は以下のとおりです。
(団体)
小田原市環境ボランティア協会/和留沢わくワーク村実行委員会/ブリの森づくりプロジェクト/小田原山盛の会/小田原森のなかま/日本野鳥の会・サシバプロジェクトチーム/美しい久野里地里山協議会/金次郎のふる里を守る会/曽我山応援隊/めだかサポーターの会/株式会社T-FORESTRY/有限会社 小田原植木/FM小田原 株式会社

(個人)
鈴木 博晶/志村 成則/石戸谷 博範/
瀬戸 正功/田先 啓/播摩 信之
           【平成28年3月28日 設立時】
おだわら環境志民ネットワーク集合写真

(仮称)おだわら環境プラットフォームを継承

この組織は、これまで「(仮称)おだわら環境プラットフォーム」の名称で設立準備が進められてきましたが、最終的には、組織設立の趣旨を反映し、名称は「おだわら環境志民ネットワーク」に決まりました。
過去の広報小田原などでも、プラットフォームの仮称で活動スタッフの募集や準備活動報告をしていました。

「おだわら環境志民ネットワーク」の活動に興味をお持ちの方は、事務局(小田原市環境政策課:0465-33-1472)までご連絡ください。

最終更新日:2016年11月28日


この情報に関するお問い合わせ先

環境部:環境政策課 環境政策係

電話番号:0465-33-1472


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.