小田原市

公開シンポジウム
「自然のチカラ×地域デザイン」~寄せあい、なりわい、つな気あい~ 結果概要

市長
平成29年2月18日(土)小田原お堀端コンベンションホールにて、小田原市公開シンポジウム「自然のチカラ×地域デザイン」~寄せあい、なりわい、つな気あい~、を開催しました。
本市では、小田原森里川海インキュベーション事業“寄気”(よせぎ)と題し、この地域をもっと豊かな状態で次世代に引き継ぐため、今後、全国のトップランナーとして、昨年3月に市内の環境団体・企業・個人等のプラットフォームとして設立された「おだわら環境志民ネットワーク」及び大学と共同し、自然資源を活かした地域づくりを進めていきます。
今回はその第1歩として、平成29年度の小田原森里川海インキュベーション事業“寄気”に参加する大学の公募に向けたキックオフイベントとして開催し、様々な分野から約180名の方々にご参加いただきました。

基調講演
「つなげよう、支えよう森里川海」プロジェクトが目指すもの・小田原への期待

鳥居敏男

事例発表
「ホタル飛び交う街を創る」

渡辺豊博

将来世代からの発表

環境ほたる田委員会

パネルディスカッション
~自然のチカラを活用して、このまちをもっと元気にするための方策~

小テーマ①自然資源により地域でお金を回す
小テーマ②地域デザインの担い手を育成する

パネルディスカッション
(左から順に)
コーディネーター:鳥居 敏男(環境省大臣官房会計課長)
   パネリスト:渡辺 豊博(NPO法人グラウンドワーク三島専務理事)
         鬼頭 秀一(星槎大学副学長)
         若松 朔丸(東京都市大学環境学部環境マネジメント学科3年)
         恩田 恭良(株式会社日本政策投資銀行地域企画部課長)
         八木 輝義(株式会社サーチフィールドFAAVO事業部リーダー)
         鈴木 悌介(小田原箱根商工会議所会頭)
         堤 千恵子(NPO法人チルドリン)
         辻村 百樹(おだわら環境志民ネットワーク会長)

結果概要およびアンケート集計結果

結果概要  PDF形式 :293.9KB


アンケート集計結果  PDF形式 :300.4KB


最終更新日:2017年03月28日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

環境部:環境政策課 環境政策係

電話番号:0465-33-1472


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.