小田原市

【平成28年度】野良猫の去勢・不妊手術費補助金

補助金の目的

野良猫の去勢・不妊手術費補助金は、野良猫の増加を防ぐことで、ふん尿や鳴き声による市民の被害を減らすことを目的としています。

補助金の申請

応募資格

以下の1~4の全てに該当すること。

  1. 20歳以上の市民であること。
  2. 市内に生息する野良猫を保護し、その後自分で飼うこと。
  3. 市税を完納していること。
  4. 暴力団員でないこと。

補助対象

以下の条件の全てに該当すること。

  • 当年度において、小田原市内で保護した野良猫を飼養する者が、当該猫に対して去勢・不妊手術を行う場合。
  • 交付決定後30日以内(当該決定の日が3月1日以降である場合は、3月末日まで)に手術を実施する場合。
  • 手術の実施後、当該猫を外飼いにする場合は、耳にカットを入れること。
  • 今年度内に同補助金の交付を受けていない者。

補助金額

オス:2,000円、メス:3,000円を上限(手術費がこれに満たない場合は、実費を補助するものとする)

申請期間

平成28年4月1日(金)~平成29年年2月28日(火)
※ 当該制度は、当該年度の予算がなくなり次第、申請期間内であっても終了します。

補助金交付申請の流れ

申請方法

補助金交付の申請手順  PDF形式 :157.4KB


  • 必ず手術前に申請を行ってください。手術後の申請は受付いたしません。
  • 当該猫に対する手術は、交付決定の30日以内に行ってください。
  • 実績報告書は、手術実施後の30日以内に提出してください。
  • 期限を過ぎると、補助金の交付決定が無効となります。
  • 小田原市外にある動物病院で手術を受ける場合でも、補助金の申請は可能です。

申請書類記入上の注意

※ 申請書や実績報告書等の書類は、申請を受付けた方に対し、直接お渡しします。

 

申請書や請求書を記入の際は、以下の記入上の注意を参考にしてください。

また、提出書類作成の際には、修正テープ(修正液)や、消せるボールペン等は絶対に使用しないでください。

申請を受理することができません。

書類記入上の注意  PDF形式 :194.5KB


事業関連資料

※ ここに記載のない動物病院で手術を受ける場合でも補助金の申請は可能です。

補助金要綱

最終更新日:2016年08月04日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

環境部:環境保護課 環境保護係

電話番号:0465-33-1481


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.