平成30年度小田原かんきょう白書(平成29年度実績報告)

 平成30年度小田原かんきょう白書とは、平成29年度に行った大気・水質・地下水・騒音・振動などの環境調査結果を中心にまとめたものです。
 平成29年度までは、冊子を市立図書館や市内小中学校を中心に配布しておりましたが、より多くの市民の皆様に、小田原市の環境の状況を知っていただくとともに、市が行っている環境への活動についてご理解・ご協力をいただければと思い、ホームページへ掲載することにしました。

平成29年度調査結果概要

詳細な結果については、各項目の資料をご確認ください。

大気汚染

 大気汚染物質は、固定発生源の工場・事業場の事業活動や、移動発生源の自動車排気ガスなどによって発生します。これらの物質の主なものは、硫黄酸化物、窒素酸化物、炭化水素系物質、ばいじん、一酸化炭素などです。
 本市における、大気汚染物質の調査は、神奈川県が市内2か所で実施している大気汚染常時監視の他に、市が実施している移動測定機や簡易測定法による調査があります。
 これらの調査結果はおおむね良好な状況にあります。

水質汚濁

 河川や海の汚濁の原因は、工場排水の他に、主に私たちの生活排水となっています。そこで市では、河川や海の汚濁状況を把握するため、水質の常時監視を実施するとともに、法令・条例に基づき事業者への立入調査を実施し、排水の測定を行っています。また生活排水に関しては、合併処理浄化槽整備事業補助金を交付し、環境負荷の高い単独処理浄化槽からの転換を促進しています。
 河川や海の水質については、おおむね良好な状況となっております。また、工場排水の基準違反があった事業所もありませんでした。

地下水

 本市には豊かな地下水がありますが、この地下水を保全するため「小田原市豊かな地下水を守る条例」を制定し、くみ上げ量が多い事業所に対し、届出を義務付けています。また地下水の状況を把握するため、塩水化の状況や地下水位に関して調査を行っています。
 地下水位および塩水化に関しては、例年と比べ大きな変化はありませんでした。

騒音・振動

 騒音・振動は、工場、建設工事、道路交通・鉄道や日常生活に伴うものなど、私たちの身近に幅広く存在しています。このため、本市の公害苦情の第2位となっており、解決までに長期間かかる場合もあります。
 公害苦情の未然防止のため、法令・条例に基づく届出による規制の他に、環境騒音・振動調査や、自動車騒音常時監視などを実施しています。
 環境調査においては、環境基準を超過した地点はありませんでした。また、自動車騒音常時監視については、要請限度を超過した地点はありませんでした。

資料

1 表紙  PDF形式 :49.9KB


2 目次  PDF形式 :153.8KB


3 小田原市の概要  PDF形式 :196.3KB


4 大気汚染  PDF形式 :3MB


5 水質汚濁  PDF形式 :3.4MB


6 地下水  PDF形式 :3.6MB


7 ダイオキシン類  PDF形式 :164.8KB


8 騒音・振動  PDF形式 :1.3MB


9 放射能  PDF形式 :217KB


10 悪臭  PDF形式 :169.7KB


11 土壌汚染  PDF形式 :172.2KB


12 公害申請・届出  PDF形式 :348.8KB


13 公害苦情  PDF形式 :255.4KB


14 環境用語説明  PDF形式 :402.5KB


最終更新日:2019年03月18日


この情報に関するお問い合わせ先

環境部:環境保護課 公害対策係

電話番号:0465-33-1483


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.