小田原市

特定外来生物

特定外来生物とは

もともとその地域にいなかったのに、人間によって運び込まれた生物のことを外来生物(外来種)といいます。
外来生物の中には、元々その場所にいる生き物を捕食したり、畑の作物を荒らしたり、人に危害を加えたりして、私たちが住む地域に悪影響を与えるものがいます。

このような、環境に大きな影響を与える侵略的な外来生物の取り扱いを制限し、被害を防止することを目的として、外来生物法が公布され、特定外来生物を指定しています。
(種別等の詳細は、本ページ下部にある、環境省の特定外来生物一覧をご覧ください。)

特定外来生物の飼養等(飼養、栽培、保管又は運搬)・輸入・野外に放つ行為などを原則禁止されています。これらに違反した場合は、法律で罰せられます。

神奈川県内で繁殖している主な特定外来生物

オオキンケイギク

オオキンケイギク

河原で繁茂し、河原特有のカワラサイコやカワラナデシコなどの在来種と競争し、駆逐する事例が国内で見られている。

アライグマ

アライグマ

野生化したアライグマによる農作物への食害や、人家へ進入して天井裏を糞尿で汚す等の生活被害が発生している。

オオクチバス

オオクチバス(ブラックバス)

オオクチバスは北米原産で、新しい環境に適応する力が大変強く、在来種など他の魚類の捕食による漁業被害の可能性が示唆されている。


特定外来生物を発見したら、土地の所有者や管理者が速やかに防除を行うことが重要です。

指定されている動物の放流等は絶対にしないでください。
また、自分の庭や畑で、指定されている植物を見つけたら、抜いて廃棄するなど、拡散しないように自ら処分をお願いします。
 

神奈川県アライグマ防除実施計画について

神奈川県では、アライグマの計画的な捕獲等の総合的な対策に取り組んでいます。
詳細は神奈川県のホームページをご覧ください。

最終更新日:2016年09月27日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

環境部:環境保護課 環境保護係

電話番号:0465-33-1481


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.