小田原市

ごみの分別状況調査

燃せるごみの分別状況を調査しています

ごみの分別、きちんとできていますか?

ごみがどれほど分別されているのかを把握するため、出された「燃せるごみ」を調べています。

燃せるごみで出されたごみは、「燃やす」という処理しかできませんが、それ以外の「ペットボトル」や「紙」などは、ほとんどがリサイクルできます。 

ごみの処理には、1キログラムあたり30円(年間23億円)かかります。ごみの処理費用削減のためにもごみの分別・減量にご協力ください。

分別状況調査の実施方法

  1. 年数回、26自治会連合会ごとに行ないます。
  2. 収集を終えたごみ収集車から無作為に20袋程度を取り出します。
  3. 燃せるごみに混入した燃せるごみ以外のものを調査して採点します。

調査結果

地区ごとに分別状況を点数付けしてます。

平成27年度

第2回 調査結果(12月)  PDF形式 :80.4KB


第1回 調査結果(8月)  PDF形式 :80.5KB


平成26年度

第3回 調査結果(3月)  PDF形式 :79.6KB


第2回 調査結果(11月)  PDF形式 :79.6KB


第1回 調査結果(5月)  PDF形式 :79.1KB



調査時の写真

分別状況を分かりやすく示すために、写真を撮りました。

調査時の写真  PDF形式 :1.2MB


燃せるごみに混入している紙類は、重さの割合で「燃せるごみ」の40%にもなり、ほとんどがリサイクルできるものです。

(写真をご覧ください)

リサイクルの推進、ごみ処理費用の軽減のために分別にご協力ください。

「燃せるごみ」に混入していた危険なもの

「燃せるごみ」に混入していた危険なもの

「燃せるごみ」に紙が多く混入していました

「燃せるごみ」に紙が多く混入していました

「燃せるごみ」に混入していたリサイクルできるもの

「燃せるごみ」に混入していたリサイクルできるもの
「燃せるごみ」に混入していたリサイクルできるもの
「燃せるごみ」に混入していたリサイクルできるもの

  • 分別により、家庭における燃せるごみが少なくなり、出す回数が少なく、ごみ袋も小さくて済みます。
  • 各地区ごとの結果が必要な場合は、環境政策課までご連絡下さい。

最終更新日:2016年01月21日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

環境部:環境政策課

電話番号:0465-33-1472


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.