小田原市

子育て

妊娠から出産、子育て・育児(未就学児)に関する情報

小田原市立報徳幼稚園

園舎風景
住所 小田原市柳新田129-3
電話番号 0465-37-0585
FAX 0465-37-5806

園長より一言

緑広がる田園風景と、四季の移り変わりを全身で感じられる豊かな自然に囲まれた幼稚園です。

人と人とのつながりを大切にした、温かくゆったりとした環境の中で、一人一人の幼児が自分らしく生き生きと活動し、心も体ものびのびと心豊かに成長していけるよう努めています。

平成27年度より芝生化された園庭には、トンボやバッタなどの昆虫が集まり、子どもたちは広い園庭の上を裸足で思い切り走り回っています。

豊かな環境の中で子育てを一緒に楽しみましょう!

幼稚園だより

教育方針

教育目標

「心も体も健康な子どもの育成」

具体目標

「明るく伸び伸びと行動する子ども」

「進んで身近な人とかかわる子ども」

「身近な環境にかかわり親しみをもつ子ども」

「人の話をよく聞き、自分の言葉で話す子ども」

「感じたことや考えたことを、自分なりに表現する子ども」

鬼ごっこ

みんなで鬼ごっこ


  • 遊びを中心とした生活の中で、幼児が主体的に活動を展開できるよう、一人一人の発達や特性に応じたきめ細やかな援助に努めています。
  • 家庭や地域との連携を深め、保護者や地域の方に愛される幼稚園づくりを目指します。
  • 小学校との連携を密にし、小学校への期待と喜びの気持ちをもって就学できるようつなげていきます。

クラス数と園児数(平成29年4月1日現在)

4歳児
クラス 園児数 体制
ばら組 17名 担任 1名
臨時教諭 2名
5歳児
クラス 園児数 体制
ほし組 30名 担任 1名
臨時教諭 2名
  • ほか 園長1名、副園長1名(担任兼任)、学校業務作業員1名

持ち物について

服装 園服(春・秋・冬)、園ズボン、園帽子(登降園時にかぶります)
園服の下は自由です。自分で脱ぎ着できて、動きやすいものが良いです。
持ち物 毎日、通園リュックにシール帳、コップ(歯ブラシ)・タオルを入れて持ってきます。
  • 持ち物にはすべて名前を記入してください。

地域との連携

地域の中で育つ子どもたちが、経験豊かな方と共に行う活動は、とても意味のあるものです。様々な体験の中でたくさんのことを学ぶことができるだけでなく、人の温かさにふれ、絆を深め、自分を大切にしてくれる存在に出会うことで、自分自身を大切にできる子どもに育ちます。園と地域の方との協力のもと、計画的・継続的な機会をつくっています。

まめつぶ劇場

まめつぶ劇場

田植え見学

田植え見学

老人ホーム訪問

老人ホーム訪問


幼・小・中交流について

  • 二宮尊徳(金次郎)生誕地である城北中学校区では、「至誠(誠実に行動する)」「勤労(意欲をもって学び働く)」「分度(状況や立場をわきまえる)」「推譲(親切、思いやりの心をもつ)」の教えをもとに、学校間のつながりを大切にしています。
  • 「幼保小中合同引き取り訓練」や「幼小合同津波訓練」など、不測の事態に備え連携をとっています。
小学校との交流

小学校との交流

小学校との交流

小学校との交流(シャボン玉遊び)

二宮尊徳生家

二宮尊徳生家にて


ようちえんDE遊ぼう!

平成29年5月11日(木) 平成29年6月7日(水)
平成29年6月22日(木) 平成29年7月4日(火)
平成29年9月5日(火) 平成29年9月26日(火)
平成29年10月20日(金) 平成29年11月6日(月)
平成29年12月11日(月) 平成30年1月12日(金)
平成30年2月7日(水) 平成30年3月7日(水)
園庭開放

みんなで砂遊び

未就園児の方を対象に、月1回~2回(午前9時00分~10時00分頃まで)幼稚園の園庭を開放します。ブランコや滑り台、砂場遊びなどで楽しんでください。

雨の日も、室内遊具や大型紙芝居などで一緒に遊びましょう!

気軽にお越しください。お待ちしています。


年間行事について

1年間の主な行事
4月 入園式、第1学期始業式、弁当開始(年長)、なかよし会、幼年消防クラブ任命式
5月 弁当開始(年少)、春の遠足(親子)、内科検診、老人施設訪問(年長)、交通安全教室(親子)
6月 衣替え、豆つぶ劇場観劇、引渡し避難訓練、歯科検診、プール遊び開始、
カレーパーティー、シャボン玉で遊ぼう、ボディーペインティング
7月 プール遊び、七夕の会、相撲ごっこ、英語で遊ぼう、第1学期終業式、登園日(2日間)
8月 登園日
9月 第2学期始業式、幼保小中一斉引き取り訓練、秋の遠足(園児)、敬老会参加(年長)、消防自動車お絵かき会、子育てサークルとの交流
10月 運動会、衣替え、幼稚園へ行こう週間、バザー、歯科検診、
幼小合同避難訓練、防災教室(親子)、サッカー教室
11月 サツマイモパーティー、生活発表会(年長)
12月 生活発表会(年少)、小学校学習発表会見学、土俵作り(年長)、相撲大会、英語で遊ぼう、第2学期終業式
1月 第3学期始業式、だんご作り、祖父母と遊ぼう、小学校給食体験・学校見学(年長)、サッカー教室
2月 豆まき、子育てサークルとの交流、二世会人形劇観劇(年長)、英語で遊ぼう、交通安全教室(年長親子)
3月 お別れ散歩、卒園式、第3学期終業式

その他

幼小交流、幼保交流、食育活動、飼育活動

毎月

避難訓練(地震・火災・津波・防犯など)、誕生会

芝苗植え

家の人と一緒に芝生苗植え

なかよし会

仲良く遊ぼうね(なかよし会)

七夕

きれいに飾ろうね(七夕)


英語で遊ぼう

英語で遊ぼう楽しいね

読み聞かせ

絵本の読み聞かせ(地域ボランティア)

おたのしみ会

サンタさんがやってきた(おたのしみ会)


はっきよい のこった がんばれ報徳っこ

藁をしごいて、芯を取り出します。

藁をしごいて、芯を取り出します。

束ねた藁端を切り落として50㎝の長さの俵を作ります。

藁を束ねて俵を作ります。

できた俵は、20本。

できた俵は、20本。


12月13日、今年も第9回報徳冬場所が開催されました。
11月に稲刈りを終えた田んぼから藁をいただき、時間をかけて乾燥させました。乾いた藁を1本1本、年長児が家の人と一緒に丁寧にしごき、茎だけを残します。1本では心許ない藁でも、みんなでしごいた藁を集めると立派な俵になります。その俵を全部で20本作り、報徳幼稚園の土俵が出来上がりました。(西栢山自治会の方や旭丘高校相撲部の先生もご指導してくださいました。)
その土俵を使って行われたのが報徳冬場所。年長さんの相手は、隣の報徳小学校の1年生。
相手のまわしをしっかりつかんで、踏ん張って踏ん張って、好勝負が続きました。31番の取り組み中、12勝した年長さんは立派でした。
勝負の後は、お互いの健闘をたたえて、軍配に二人でタッチをするのが報徳幼稚園の伝統です。
力いっぱい遊んだあとは、報徳幼稚園で子ども達が育てた野菜(白菜、人参、里芋、大根)を使ったちゃんこ鍋を食べて、おいしい笑顔がいっぱいになりました。

 

埋め込み

溝に俵をしっかり埋め込みます。

みんなで列を作って、踏み固めます。

みんなで列を作って、踏み固めます。

土俵

平成28年度版土俵の出来上がり


相撲

相撲大会の始まり。のこったのこった!

年少

年少さんも、体当たり。

ちゃんこ

相撲の後は、おいしいちゃんこ鍋で舌鼓


いろいろな野菜を育て、食する経験をしています!

神奈川県公園協会の方のご指導をいただきながら、広い園庭の片隅で季節に合わせたいろいろな野菜を育てています。夏は“カレーパーティー”、秋は“焼きイモパーティー”、冬は“ちゃんこ鍋作り”など、子どもたちも目的をもって計画的に活動に取り組みます。

また、自分たちの手で大切に育て、たくさん収穫した野菜を、友達と一緒に美味しくいただくという経験の積み重ねが、子どもたちの勇気となり、ほんの一口でも食べてみようとする姿が見られるようになってきました。

親子で野菜の生長を楽しみながら、食への関心も高まっているようです。 

収穫

玉ねぎの収穫

カレーパーティー

収穫した野菜を使ってカレーパーティー

収穫

ジャガイモの収穫


自然の中には、学びがいっぱい!

園庭に大きなシイの木があります。秋になると、たくさんのドングリが実を落とし、子どもたちを楽しませてくれています。どの子も競い合うようにポケットいっぱいに拾い集め、楽器にして鳴らしたり、数を数えたり、砂場でケーキ作りに使ったりなど、いろいろな遊びに取り入れられています。

隣接している報徳小学校の敷地内にある“報徳ランド”には、日常的に出かけさせていただき、「大きく口を開ける鯉」や「池からこっそり顔を出すサワガニ」、「落ちないようにそーっと歩く一本橋」、「ジュズダマや小人のスプーン」など、様々な発見を楽しんでいます。

また、地域への園外散歩を通して、目や耳、肌などで季節の変化を感じ、四季折々の発見を楽しんでいます。自然の中には、学びがいっぱい!子どもたちの心を刺激する宝物がたくさんあります。

しいの樹

園庭の椎の樹

園外散歩

園外散歩


ウサギとの触れ合いを通して、命の大切さを学んでいます。

 2014年に開催されたソチオリンピックの年に生まれ報徳幼稚園にやってきて、『ソッチー』と名付けられました。年長児の当番が交替で小屋の掃除や餌やりを行い大切に育てています。第3学期にはその当番活動を年少児が、大切にする思いと一緒に引き継ぎますます。動物に触れその温かみを肌で感じることで、命の温かさ、命の尊さ、命の重み、命への感謝などをしっかりと学んでいきます。 
 
ウサギのソッチー

ウサギのソッチー

年長から年少へ

年長から年少へ

うさぎ当番

うさぎ当番


笑顔いっぱい元気いっぱい報徳っこ

 平成29年度が始まって、4ヶ月。幼稚園は夏休みに入りました。
 第1学期の間にいろいろな経験をした子ども達。心も体も、4月より格段に大きく成長しています。
 楽しい夏休みを過ごして、第2学期もますます元気に過ごしてほしいと思います。
芝苗づくり

園庭には緑の芝生が広がっていますが、子ども達が繰り返し遊ぶ場所は土が露出しています。そこに補植するための芝生の苗を年少児の保護者やボランティアの方にご協力いただいて、子ども達と一緒に作りました。今、苗はすくすくと生長中です。6月の終わりには、育った苗を年少児保護者やボランティアの方にご協力いただいて補植をする予定です。

色水遊び

園庭に咲いている、パンジーやキンギョソウの花びらを使って、色水遊びを楽しんでいました。花の色や種類によって出る色の違いに気づき、いろいろな色を作ることを楽しんでいました。たくさん作るとジュースやさんにして、遊んでいました。初めて遊ぶ年少児にも年長児が遊び方を丁寧に教えていました。


遊び

年長児と年少児が手をつないで、初めて園外散歩に行きました。年少児のペースに合わせて優しく手を引く年長児の姿が多く見られました。顔見知りの近所の方にも気軽に声を掛けていただいて、楽しそうに話をしていました。

中学ソーラン見学

中学校の運動会前に、年長児が中学校を訪問。毎年、中学3年生が運動会で披露するソーラン節を見せていただきました。中学生の一糸乱れぬ迫力のある踊りに、目を見張り、「すごーい」「かっこいい!」と大きな歓声が上がりました。


春の遠足
春の遠足

春の遠足に、親子で出かけました。みんなで一緒にゲームをしたりお弁当を食べたり、行ったことのある場所でも、幼稚園の友達と行くとまた違った楽しさが感じられます。

豆汽車に乗って
豆汽車に乗って

クラスの友達と一緒に、豆汽車に乗りました。家の人に「行ってきます。」と元気に手を振り、車外に見える景色を楽しみながら、プチ「汽車の旅」を楽しみました。


シャボン玉

『この指とまれ』の方々に来ていただいて、シャボン玉遊び。
この日は、風があったので、シャボン玉液を付けた枠を持ち上げるだけで大きなシャボン玉が次々と飛び出し、子ども達は大喜びでした。
未就園児も参加して、園庭には子ども達の歓声が響きました。

芝苗植え

4月の終わりにポットに入れて育てた、芝生の苗が2ヶ月後に大きく生長しました。しっかり根を張った苗を家の人と一緒に、園庭に捕植しました。穴をあけて苗を入れて、土をかぶせ苗が浮かないようにしっかり踏みつけます。「大きくな~れ、丈夫にな~れ!」と子ども達の元気な声が響きました。


田んぼ見学

幼稚園の前にある田んぼの田植えを見学させていただきました。次々に植えられていく稲の様子に「どうなっているのかな?」と興味津々の子ども達。こちらの田んぼで育った稲をいただいて、12月に土俵作りをする予定です。

すもうごっこ

12月の冬場所を前に、先生に来ていただいて相撲ごっこを行いました。柔軟体操から蹲踞、四股の踏み方なども教えていただき、真剣に取り組む子ども達でした。


取り組み

準備体操をした後は、先生と取り組みをしました。3人がかりでもなかなか動かない先生に、自然とつま先まで踏ん張り、全力でぶつかっていく姿が見られました。思い切り力を出すと、負けても清々しいようです。

取り組み2

ばら組も負けていません。初めての経験で、最初は戸惑っている様子も見られましたが、友達と力を合わせて押しているうちに、楽しさが増してきたようでした。頑張っている友達への応援も熱が入っていました。


砂場プールづくり

夏休みを前に、夏の登園日に遊ぶための砂場プールづくりを行いました。
年長児がボランティアの方々に手伝っていただいて、大きな砂山を作り、砂場をプールに変身させました。

砂場プール

登園日、みんなで作った砂場プールで思い切り遊びました。山のてっぺんから深い水たまりに滑り降りるのは、スリル満点。大きな水しぶきと歓声があがりました。

ヨーヨー釣り

砂場プールだけでなく、登園日はお楽しみがいっぱい。ヨーヨー釣りもその一つ。自分が気に入ったヨーヨーを狙って、真剣な子ども達の表情が見られました。


所在地

>> 大きい地図を表示
 からの 
赤ちゃんに出会うまでイメージ

赤ちゃんに出会うまで

妊娠から出産までに役立つサービスや手続きのタイミングを確認しましょう

赤ちゃんが生まれたらイメージ

赤ちゃんが生まれたら

届出が必要な書類、出産後の助成、検診・相談窓口などを確認しましょう

おでかけイメージ

おでかけ

赤ちゃんと安心して一緒に行ける施設・公園などの情報

あずけるイメージ

あずける

保育園・幼稚園、相互援助活動(ファミリー・サポート・センター)などの情報

お悩み・相談イメージ

お悩み・相談

育児相談、親子心理カウンセリング、助成制度、支援センターなどの情報

届出・手当

届出・手当

各種届出、児童手当、児童扶養手当等の情報

さまざまな子どもを支援イメージ

様々な子どもを支援

ひとり親家庭向け、障害時福祉などの情報

教育イメージ

教育

小・中学校に就学するお子様、ご家庭向けの情報については
「暮らしの情報 > 教育」をご覧ください。

この情報に関するお問い合わせ先

教育部:教育指導課 学事係

電話番号:0465-33-1682


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.