小田原市

おだわら・コドモ・アートVol.15
アートハットをつくろう【平成29年2月18日(土)】

ワークショップの様子

▲ アートハットをつくって、アート探検に出かけよう! ■


 子ども向けアートワークショップの「おだわら・コドモ・アート」。
 今回は、歴史ある建物で行う現代アート&クラフト作家たちの展覧会「おだわら城町アートプロジェクト~小路を歩くアートを歩く~」の連携イベントとして、自由な発想で、自分だけのアートな帽子「アートハット」を作るワークショップを行ないます。
 作ったアートハットをかぶって展覧会を見に行くアート探検へ出かけます。アートをめぐりながらスタンプラリーも楽しめます。


「城町アートプロジェクト」の詳しい情報についてはこちらをご覧ください。

日時

平成29年2月18日(土)午前10時30分~午後0時30分

会場

参加費

無料

対象

小学生~大人(4年生以下は要保護者同伴)

定員

15組(申込先着順)
※当日空きがあれば参加できます。

申込方法

平成29年1月16日(月)より申し込み受付開始。文化政策課(電話:0465-33-1706)に電話で。
当日空きがあれば参加可能。

持ち物

筆ペン

主催・お申込み先

小田原市役所 文化政策課(平日:午前9時00分~午後5時00分) 
講師の三ツ山先生

■ アートの楽しさ、面白さを体験!▲

「おだわら・コドモ・アート」は、自分の手や目、からだ全体を使って行う様々なアート体験を通して、こどもたちの想像力や考える力、自ら行動する自立心を育み、こどもたちの健やかな成長へとつなげることを目的としたプログラムです。造形教育の専門家と一緒に制作することで、こどもたちは絵を描いたり、ものをつくったりする中で自分を表現する方法を学びます。

 

▲ 講師の先生!■ 

三ツ山一志(造形家・横浜市民ギャラリー主席エデュケーター 

1976年から幼稚園での絵画指導を行い、1987年から横浜美術館で子どものアトリエを担当する。学芸教育グループ長・主席指導員を経て、2007年から横浜美術館副館長、2009年横浜市民ギャラリーあざみ野館長、2014年横浜市民ギャラリー館長に就任。 現在は、横浜市民ギャラリー主席エデュケーター。この間、彫刻家として作品制作に取組むとともに、岩手大学や洗足学園短期大学、横浜市幼稚園協会などで造形指導講師や、造形教材ビデオの監修なども手がける。


公演チラシ

チラシ  PDF形式 :1021.6KB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


最終更新日:2017年02月14日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化政策課 芸術文化創造係

電話番号:0465-33-1709


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.