小田原市

伝統芸能体験講座「人形浄瑠璃」
~人形が魂を宿す瞬間に出会う~Ⅱ【平成29年12月20日(水)】

講師 吉田幸助さん

講師 吉田幸助さん

関連事業

●伝統芸能体験講座「人形が魂を宿す瞬間に出会う」
 平成29年12月20日(水)午後5時開演
文化セミナー「人形浄瑠璃の歴史と相模人形芝居
 ~地域に受け継がれた伝統と技~」

 平成30年1月21日(日)午後2時開演
葛西聖司さんの文楽プレセミナー
 平成30年2月4日(日)午後2時開演
人形浄瑠璃「文楽」公演
 平成30年3月11日(日)
 昼 午後1時30分開演/夜 午後6時開演

人形浄瑠璃の世界へようこそ!

 平成30年3月11日(日)小田原市民会館で開催される「人形浄瑠璃 文楽」公演に先がけて行う、体験講座です。
 人形浄瑠璃 文楽は、ユネスコの「無形文化遺産」に登録されている日本の伝統芸能です。太夫による語りと三味線の演奏に合わせて、人形遣いが人形を操り演じる人形芝居です。
 昨年に引き続き、華のある立役遣いとして活躍中で、平成30年吉田玉助の名跡を継ぐことが決まった人形遣いの吉田幸助さんを講師にお迎えし、実演とお話し、体験を交えながら、人形浄瑠璃の世界へご案内します。初めて人形浄瑠璃に触れる方も、ぜひ日本が誇る伝統芸能に触れてみませんか!

昨年の講座の様子

昨年の講座の様子


募集内容

日時

平成29年12月20日(水)午後5時00分~午後7時00分(午後4時30分開場)

会場

小田原市民会館 小ホール

講師

吉田 幸助・吉田 玉勢・吉田 玉彦 (公益財団法人文楽協会 人形の部技芸員)

対象

小学3年生以上

定員

100人程度(申込先着順・空きがあれば当日参加も可)

参加費

無料

申込方法

文化政策課へお電話にてお申込みください。(11月13日(月)より申込受付開始)

主催・お申込み先

小田原市役所 文化政策課 電話 0465-33-1706(平日:午前9時00分~午後5時00分)

協力

公益財団法人文楽協会 / 相模人形芝居「下中座」

講師

■文楽人形遣い・吉田幸助(よしだ こうすけ)
昭和55年父である二世 吉田玉幸(四世 吉田玉助)に入門。祖父は三世 吉田玉助。翌年4月に朝日座にて初舞台。平成30年五世 吉田玉助を襲名し、4月 国立文楽劇場(大阪)、5月 国立劇場(東京)にて襲名披露公演が決定。
「受賞歴」
平成18年度咲くやこの花賞、平成19年度大阪文化祭賞奨励賞、平成26年度国立劇場文楽賞文楽優秀賞、他多数受賞
ボーカロイドとコラボや三谷文楽、杉本文楽に参加するなど様々な外部の舞台やメディアで活躍。うめだ文楽では座頭としてテレビやラジオに出演し、若手を引っ張る存在である。
吉田幸助

■文楽人形遣い・吉田玉勢(よしだ たませ)
昭和63年5月国立劇場文楽第13期研修生となる。
平成2年4月初世吉田玉男に入門、吉田玉勢と名のる。同年4月国立文楽劇場で初舞台。
「受賞歴」
平成20年4月 第36回(平成19年度)文楽協会賞
平成25年9月 平成25年度大阪文化祭賞グランプリ
平成26年4月 第33回(平成25年度)国立劇場文楽賞奨励賞
吉田玉勢さん

■文楽人形遣い・吉田玉彦(よしだ たまひこ)
平成19年9月国立劇場文楽第23期研修生となる。
平成21年4月吉田玉也に入門、吉田玉彦と名のる。同年4月初舞台。
「受賞歴」
平成25年9月大阪文楽祭賞グランプリ
吉田玉彦

最終更新日:2017年10月18日


この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化政策課 芸術文化創造係

電話番号:0465-33-1709


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.