弧の会と踊ろう! 日本舞踊ワークショップ 【8月29日(木)~31日(土)】

2日間の稽古を経て、弧の会のみなさんと本番の舞台で踊ろう!

7流派12人の男性舞踊家のみで結成された日本舞踊家集団「弧の会」。メンバーの皆さんが先生となって、本番の舞台で一緒に「さくらさくら」を共演するワークショップを開催します。

基本的な所作や礼儀作法、舞扇の使い方などを学び、「さくらさくら」を小田原市民会館 大ホールの舞台で一緒に踊ります。
対象は、日本舞踊未経験の小学校3年生から中学校3年生までの子どもたち。
浴衣、帯、舞扇は無料でレンタルします。
共演後は、弧の会の本公演を客席でご鑑賞いただけます。
夏休みの締めとなる3日間を、日本舞踊で楽しく過ごしてみませんか!?
日本舞踊ワークショップのようす

開催・応募概要

日   時
会   場
令和元年(2019年)8月29日(木) 14時00分~16時00分 生涯学習センターけやき 和室
令和元年(2019年)8月30日(金) 14時00分~16時00分 小田原市民会館 小ホール
令和元年(2019年)8月31日(土) 13時00分~(リハーサル)、15時00分~(本番) 小田原市民会館 大ホール
※開始の1時間前から着付けをします
※31日は、状況により若干時間が変更になる可能性があります
応募対象
・小学3年生から中学3年生まで
・日本舞踊を本格的に習ったことがない方
・稽古、本番3日間すべて参加可能であること
参加費
2,000円(全日程通し)
※参加者は、公演を客席でご観覧いただけます
※本公演の保護者用招待券1枚つき
申し込み方法
①参加者のお名前
②学年
③身長
④保護者のお名前
⑤連絡先(電話、メールアドレス、ご住所)
⑥浴衣・帯のレンタル希望の有無
 を明記して、
1)電話 0465-33-1709(平日9時~17時)
2)FAX 0465-33-1526
3)電子メール cultural-create@city.odawara.kanagawa.jp
4)電子申請 http://shinsei.e-kanagawa.lg.jp/kanagawa/navi/procInfo.do?govCode=14206&acs=konokai2019odorou
持ち物 ・足袋(滑り止めがないもの。白靴下でも可)
・浴衣、帯、舞扇は無料でレンタルが可能です。
 申し込み時に希望をご記入ください。

講師紹介

弧の会メンバー

【日本舞踊家集団 弧の会】
特色の異なる数々の流派が存在する日本舞踊。その各流派において、幼少の頃より修練を重ね舞台活動や日本舞踊の普及活動に力を注ぐ12人の男性日本舞踊家が、先人より継承される「日本舞踊」の素晴らしさを一人でも多くの方に伝えることが出来るよう、1998年に「弧の会」を結成。
円の一部分である「弧」(こ)を個人に例え、個々の活動が輝きを放ちながら、それぞれが持つ才能が同じ未来を見据えて集結しお互いに研究研鑽を重ね、さらに大きな光を放ち、大きな円となるよう、そして日本の大切な文化と云える「日本舞踊」をより多くの人に広めたいという願いを込めて命名した。
結成以来「紋付」「袴」「素踊り」をテーマに数々の新作舞踊を発表。東京をはじめ全国各地で日本舞踊公演を開催。その数は平成20年迄に50公演以上に渡る。
なかでも平成12年度初演「御柱祭」(おんばしら)は、新作では異例の数十回に及ぶ再演を重ね大反響を呼ぶ。


会場アクセス

<生涯学習センターけやき>
・「小田原」駅西口、小田急線「足柄」駅、大雄山線「井細田」駅から徒歩約15分
・駐車場有(50台)(駐車台数に限りがありますので、できるだけ公共交通機関をご利用ください)
<小田原市民会館>
・各線「小田原駅」下車 東口より徒歩約10分
・会場には駐車場がございません。公共交通機関でお越しいただくか、近隣の有料駐車場をご利用ください。

最終更新日:2019年05月31日


この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化政策課 芸術文化創造係

電話番号:0465-33-1709


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.