旧松本邸及び皆春荘へのご案内(公開日及び催し物情報)

茶室「雨香亭」

茶室「雨香亭」

 旧松本邸は、明治の元勲山縣有朋と交流の深かった松本剛吉(貴族院議員等を歴任)が大正12年頃に建築したもので、数寄屋風の主屋と別棟の茶室(雨香亭)・待合等の建物と、築山や水景を伴う庭園から成り、茶道での交流が盛んであった近代小田原の別邸文化を伝える貴重な遺構となっています。
 庭園については、相模湾と箱根山を借景とする雄大なものであり、山や川の流れ・滝等の自然の姿を表現する自然主義や、文人主義を取り入れた典型的な近代庭園となっています。


皆春荘

皆春荘

 皆春荘は、第23代内閣総理大臣の清浦奎吾によって明治40年に土地が購入され、別邸として建築されたものです。その後、大正3年に南に隣接する古稀庵と総称される山縣有朋の別邸の別庵として編入されました。小田原別邸は、古稀庵のほか、皆春荘、暁亭により構成されていましたが、当時のまま残る建物は皆春荘が唯一となっています。
 現在の皆春荘の庭は、他の邸宅同様、山縣有朋が自ら作庭を指揮したと伝えられております。南庭に面した各部屋からは箱根山を借景し庭を楽しむことができ、かつては相模湾も望むことができました。


公開日 ※年末年始の休館期間:令和元年12月19日(木)~令和2年1月10日(金)

【1月】毎週土曜日、日曜日及び祝日
【2月】毎週土曜日、日曜日及び祝日
【3月】毎週土曜日、日曜日及び祝日
時 間 午前11時00分~午後3時00分
イベント情報 【旧松本邸】
「新年を寿ぐ呈茶」
茶室「雨香亭」で初釜のお菓子「花びら餅」とお抹茶で令和初のお正月を楽しみましょう。
日時:令和2年1月19日(日) 午前11時~午後2時30分
場所:旧松本邸 茶室「雨香亭」
呈茶:一服600円
主催:小田原茶道部
その他 公開日であっても、天候(大雨・強風等)により臨時休館となることがあります。ご来館の際は、小田原市ホームページをご確認ください。

最終更新日:2020年01月09日


この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化政策課 文化政策係

電話番号:0465-33-1707


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.