小田原市

アートマネジメントWS制作事業 相州小田原語り道 玉川太福 浪曲会

ワークショップ受講生の企画・運営による、人気上昇中の若手浪曲師の浪曲会を開催します

玉川太福浪曲会チラシ

昔から、東西の諸芸、往来したる語り道、
東海道は小田原に、浪曲の未来を拓く魁の、
一騎当千の若大将、今ここに初お目見え、
えー! これが浪曲・・・、
そうです、これが「浪曲の夜明け」なのです、
轟く声に笑いと涙、節と啖呵が冴えわたる。
うなれ太福、日本一!


市民ホール開館に向けて、文化活動の中間支援人材育成を目的として行われている「アートマネジメント・ワークショップ」。平成29年度の受講生の企画・運営による親子向けのイベントを開催します。

「かつて小田原に根付いていた演芸の文化を復活する」ことを目的として、人気上昇中の若手浪曲師による浪曲会を企画しました。
東海道の宿場町として栄えた小田原には、「桐座」「富貴座」「昇竜亭」などの芝居小屋や寄席があり、上方と江戸を往来する芸人たちにとって「出世舞台」とも呼ばれたほどでした。今回の「相州小田原語り道」では、日本の伝統的な話芸・浪曲をずいずいっと楽しむ会を開催します。

出演は、人気上昇中の若手浪曲師・玉川太福(たまがわ・だいふく)さん。浪曲に三味線で伴奏をつける曲師には、玉川みね子(たまがわ・みねこ)さん。前座として、女講談師の田辺いちか(たなべ・いちか)さんが登場します。

最近ではナマで聴くことが滅多になくなってしまった「浪曲」。聞けば誰しも思い出す名調子を、市民会館で楽しんでみませんか?


会場

小田原市民会館本館3階 小ホール

日程

平成30年1月27日(土)

時間

開演:午後1時00分(開場:午後0時30分)

料金

前売 1,500円
当日 1,800円
※全席自由
※未就学児入場不可
 

主催

おだわら文化事業実行委員会(小田原市・一般財団法人 小田原市事業協会)

協賛

  • 石川漆器株式会社
  • 株式会社ういろう
  • 株式会社自由国民社
  • 合資会社加藤兵太郎商店
  • 有限会社伊勢屋

問い合わせ

小田原市文化政策課 電話0465-33-1706(月~金曜日)

出演者紹介

玉川太福

玉川 太福(浪曲師)

玉川 太福(たまがわ・だいふく)…浪曲

新潟県出身。2007年3月、二代目玉川福太郎に入門し、同年11月浅草木馬亭にて初舞台を踏む。2015年10月、木馬亭にて名披露目興行。日本で唯一の浪曲の定席小屋・木馬亭をはじめ、都内各所の演芸場、ホールなどを中心に日々活動し、近年では落語家、講談師との共演も多い。

玉川一門のお家芸「天保水滸伝」、お馴染み「清水次郎長伝」など古典演目を継承する一方、自作の新作浪曲にも果敢に取り組み、2015 年には「第一回渋谷らくご創作大賞」を受賞。主な古典演目に、「天保水滸伝」「清水次郎長伝」「青龍刀権次」(いずれも連続物)など。新作では、日常のささやかな心の揺れを笑いとして描写する「地べたの二人」シリーズ、「自転車水滸伝 ペダルとサドル」「銭湯激戦区」など。新作落語の鬼才・三遊亭白鳥作「流れの豚次伝」の浪曲化、映画「男はつらいよ」の浪曲化にも挑戦している。

一般社団法人日本浪曲協会・理事。


玉川みね子

玉川みね子(曲師)

玉川 みね子(たまがわ・みねこ)…曲師
 

山形県出身。1975 年12 月、二代目玉川福太郎との結婚を機に、翌年、曲師・山本太一に師事。以降、夫・福太郎の相三味線を長年にわたってつとめる。現在では、イエス玉川、大利根勝子といったベテランの演者から一門の弟子まで、様々な演者の曲師をつとめ、「浪曲特選」(E テレ)、「浪曲十八番」(FM)など放送出演も多数。講師として後進の育成も積極的に行なっている。一般社団法人日本浪曲協会・理事。


田辺いちか

田辺いちか(講談)

田辺 いちか(たなべ・いちか) …講談

福岡県出身。京都府立大学卒業後、中国陝西省西安大学にて日本語教師。帰国後、都内にて舞台、洋画吹き替え等の活動の後、2014年5月講談師田辺一邑に入門。講談協会前座見習いを経て、同年9月より前座。現在、お江戸日本橋亭、お江戸広小路亭など講談協会定席にて修行の他、新宿三丁目道楽亭に於て月1回の前座勉強会のレギュラー出演中。「徳川四戦記」「太閤記」「源平盛衰記」等の軍記物と、武芸物を中心にネタを増やしている。


チケット取扱い 

プレイガイド(窓口販売)

  • 小田原市民会館事務室 0465-22-7146(午前9時00分~午後8時00分)※月曜・祝翌日休み
  • HaRuNeおだわら街かど案内所 0465-23-1150(午前9時00分~午後8時00分)
  • 平井書店 0465-22-5370(月~土曜日:午前9時00分~午後7時00分/日曜・祝日:午前10時00分~午後7時00分)

インターネット予約・発券(ローソンチケット)

  • ネット予約 ローチケ.com http://l-tike.com/
  • 電話予約 0570-084-003(自動音声/Lコード35450)
         0570-000-407(オペレーター/10:00~20:00)
         
  • ローソン/ミニストップ店頭「Loppi」直接購入

今回だけの特別企画! 「おみやげだいふく」つき!

浪曲師・玉川太福さんのお名前にちなんで、小田原の和菓子の名店・伊勢屋さんの豆大福を、先着150名の方にプレゼントします。
※おひとり様ひとつずつ

チラシダウンロード

玉川太福チラシ  PDF形式 :1001.2KB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


アートマネジメント・ワークショップについて

小田原市では、「芸術文化創造センター」オープンに向けた文化活動の中間支援人材の育成を目的として、「文化創造活動担い手育成事業」を推進しています。ひとつの事業の企画・制作を通して、市民が主体となって行う文化活動の経験を積むとともに、人材の育成・交流を行うことを目的としています。

アートマネジメント・ワークショップは、平成23年度から全国公立文化施設協議会のアドバイザーであり、本市の文化政策課 芸術文化活動専門員(元・芸術文化担当課長)でもある間瀬勝一(ませ・しょういち)を講師として、一般市民の参加により毎年、開催しています。どの企画も、市民の皆さんの独創的なアイデアと、地域に対する思い、そして熱意があふれたイベントとなりました。芸術文化を通じて市民の皆さんが心豊かに過ごす時間を作ることを目指して、常に新しい事業を企画しています。

  • 平成24年度「おだわらっ子 夏休み音楽会」平成24年7月21日/生涯学習センターけやき
  • 平成25年度「音楽のプレゼントby ODAWARA」平成25年12月22日/小田原市民会館大ホール
  • 平成26年度「PETTAN ART in小田原まちなか軽トラ市」平成26年11月30日/銀座通り軽トラ市会場
  • 平成26年度「春ね!ミニコンサート」「キッズ&ファミリーファッションショー」
      平成27年1月25日/小田原地下街HaRuNeおだわら
  • 平成27年度「お話めぐり音めぐり~親子で楽しむバラエティーショー」
      平成28年1月9日/小田原市民会館小ホール
  • 平成28年度「小田原城町アートプロジェクト 旧松本剛吉別邸 雨香亭×現代アート展
      『集いの間、独りの間』~アートで茶室再生~」
      平成29年2月18日・19日/旧松本剛吉別邸・雨香亭(茶室)

最終更新日:2017年11月30日


この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化政策課 芸術文化創造係

電話番号:0465-33-1709


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.