小田原市

いま、世界の一歩を。
第35回「海外姉妹都市青年交流事業」を実施します!【5月11日(金)申込締切】

小田原海外市民交流会と小田原市では、姉妹都市のアメリカ合衆国カリフォルニア州チュラビスタ市と青年を相互派遣する交流事業を、約35年間にわたり行っています。小田原市からは、今までに126名の青年がチュラビスタ市を訪問し、両市の友好を深めるとともに、帰国後もその経験を活かして国際交流活動を積極的に行っています。
成田空港にて

アメリカ・チュラビスタ市派遣青年を成田空港まで迎えに行った時の様子

海外交流 ウェルカムパーティー

海外交流のウェルカムパーティーの様子


海外姉妹都市青年交流事業とは?

【目的】

 チュラビスタ市に青年を派遣し、ホームステイやボランティア活動をとおして国際感覚を身につけていただくとともに、小田原市の代表者としてチュラビスタ市役所を表敬訪問する等により、両市の友好親善を深めます。また、チュラビスタ市からの派遣青年との国内交流事業を通じて、両市の相互理解の向上につなげていきます。

 

【研修・イベント企画】

小田原海外市民交流会・小田原市

【旅行企画・実施】
東武トップツアーズ株式会社 熱海支店

  

【小田原での交流期間】

平成30年8月2日(木)から8月14日(火)までの13日間

 

【チュラビスタ市での交流期間】

平成30年8月14日(火)から26日(日)までの13日間

 

【チュラビスタ市青年受入人数】

4名程度

 

【小田原市青年対象者】

 市内在住、在学または在勤の18歳から28歳までの方(平成2年4月2日から平成12年4月1日までに生まれた方)

 

【応募資格】

(1)小田原市の青年の代表として、両市の友好親善のために活動する姿勢を持っている方

(2)日常会話程度の英語力があり、積極的にコミュニケーションを図る姿勢を持っている方

(3)派遣後、小田原海外市民交流会に入会し、交流青年OBとして交流会の活動に参加できる方

(4)8月2日から来日するチュラビスタ市青年の滞在中の交流プログラムに参加できる方

(5)原則として、ホームステイの受け入れができる方

 

【交流人数】

4名

 

【提出書類】

 所定の申込書にもれなく記入し、顔写真(3ヶ月以内に撮影したもの/縦4.5cm×3.5cm/パスポートサイズ)を貼付してください。

 

【募集期間】

平成30年4月13日(金)から5月11日(金)
 

【選考会】

平成30年5月19日(土)

 

【選考方法】

書類審査、面接(英会話含む)

 

【申込方法】

申込書に必要事項を記入し、提出してください。
※申込方法等、詳しくは、下記の募集要項をご覧ください。
 

【その他】

(1)提出していただいた書類は、返却いたしません。

(2)交流青年に選考された4名には、同意書、健康診断書及び顔写真(申込書に貼付したものと同一の写真)を提出していただきます。

(3)決定後、交流青年として不適格と認められた場合は、資格を取り消すことがあります。

(4)交流前の事前活動にも参加していただきます。

海外姉妹都市青年交流事業申込書  ワード形式 :72.5KB


事前申込不要!!「青年交流事業説明会」で先輩の話を聞いてみよう!

事業内容、渡航費用、日程などについて、実際に派遣青年として参加した先輩たちが説明します。まずは募集の前に、いろいろな話を聞いてみませんか。

【日時】平成30年5月6日(日)午前10時~11時
【場所】おだわら市民交流センターUMECO会議室7
【申込】事前申し込み不要です。

交流事業Q&A

(1)事前の活動について

Q:事前の活動とはどのようなことをするのですか?

A:交流青年の出発前の活動としては、OBとの懇談会、小田原市長への出発前の挨拶などの活動 があります。また、来日するチュラビスタ市青年と活動を共にして、交流を深めてもらいます。国内交流としては、文化体験やボランティア活動などが予定されています。

Q:時期はいつ頃ですか?

A:活動の時期は、6月中旬から出発前です。

 

(2)チュラビスタ市での活動について

Q:チュラビスタ市ではどのようなことをするのですか?

A:年によって異なりますが、これまではチュラビスタ市長表敬訪問や市議会でのスピーチ(もちろん英語で)、市施設の視察、ボランティア活動への参加などが行われています。

Q:ホームステイはどのような感じで行われるのですか?

A:各家庭に一人ずつホームステイします。ホストファミリーは皆さん優しくて温かい人ばかりです。何かあればためらわずホストに話してみてください。不安があったとしてもきっと不安は解消されると思います。

Q:活動はどのように行われるのですか?

A:基本的には、4人そろって活動します。ただし、ホームステイデイの日は各家庭での活動となります。買い物に行ったり、料理をしたり、ホストファミリーとのんびり話をしたりすることが多いようです。

Q:チュラビスタはどのような所ですか?

A:チュラビスタは、カリフォルニア州の南部に位置し、サンディエゴから南に車で15分ほどの所にあります。メキシコとの国境も近くにあります。英語に加えてスペイン語を話す人も多数います。気候としては、日差しが強く日焼け止めは必須ですね。一年を通じて雨が降ることはほとんどなく、からっとして非常に過ごしやすい所です。

 

(3)帰国後の活動

Q:帰国後の活動とはどのようなことをするのですか?

A:小田原市長への帰国報告や小田原海外市民交流会への帰国報告、報告書作成など様々な交流で経験してきたことを皆さんに報告してもらいます。また、クリスマスパーティー、地球市民フェスタなどの国際交流事業もあり、チュラビスタでの経験を活かして、参加してもらいます。

【お問い合わせ/研修・イベント企画について】
小田原海外市民交流会事務局(小田原市役所5階 文化政策課)
〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地
電話:0465-33-1703
FAX:0465-33-1526
電子メール:cultural-exchange@city.odawara.kanagawa.jp

最終更新日:2018年04月12日


この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化政策課 文化交流係

電話番号:0465-33-1703


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.