小田原市

「法隆寺ゆかりの都市 文化交流シンポジウム」を開催しました(平成25年度)

法隆寺西院伽藍全景

法隆寺西院伽藍全景

小田原市と「法隆寺ゆかりの都市文化交流協定」を締結している斑鳩(いかるが)町の魅力や両市町の交流について市民の皆様に知っていただく機会として、交流のきっかけとなった法隆寺にゆかりのある方々をお招きし、シンポジウムを開催しました。


【法隆寺ゆかりの都市 文化交流シンポジウム】

日時

平成25年11月16日(土)
午後2時30分~午後5時45分(午後2時開場)

場所

小田原市民会館 小ホール (本館3階)

内容

第1部 基調講演
 「不揃いの木を組む」      小川 三夫(宮大工・株式会社鵤工舎創業者)
 「和の文化と歴史の町づくり」 大野 玄妙(法隆寺管長)


第2部 パネルディスカッション「歴史的ご縁を通じた都市間交流」
 大野 玄妙(法隆寺管長)
 小川 三夫(宮大工・株式会社鵤工舎創業者)
 小城 利重(斑鳩町長)
 加藤 憲一(小田原市長)
 [コーディネーター:小田原市文化部長 諸星 正美]  

参加者

145名

「法隆寺ゆかりの都市 文化交流シンポジウム」ポスター

(クリックで拡大表示)


基調講演講師紹介

大野 玄妙

大野 玄妙 (おおの げんみょう)

法隆寺管長
昭和22年、大阪府生まれ。龍谷大学文学部を経て、同大学院修士課程を修了。平成5年に法隆寺執事長となり、法起寺住職、法隆寺住職代務者、聖徳宗管長代務を歴任。平成11年より法隆寺管長を務める。平成22年、小田原来訪の際に加藤市長と面会したことが、斑鳩町と小田原市との交流開始のきっかけとなる。


小川 三夫

小川 三夫 (おがわ みつお)

宮大工・株式会社鵤(いかるが)工舎創業者
昭和22年、栃木県生まれ。高校の修学旅行で訪れた法隆寺に感激し宮大工を志す。21歳のときに法隆寺宮大工の西岡常一棟梁に入門、唯一の内弟子となる。法輪寺三重塔、薬師寺金堂、西塔の再建において副棟梁を務める。昭和52年、寺社建築専門の建設会社として鵤工舎を設立。平成15年、厚生労働省による卓越した技能者表彰「現代の名工」に選ばれる。平成19年、鵤工舎設立30周年を機に現役引退。


斑鳩町民による小田原歴史探訪ツアー

「法隆寺ゆかりの都市 文化交流シンポジウム」が開催された平成25年11月16日(土)と翌日の17日(日)に、斑鳩町及び同教育委員会の主催により「小田原歴史探訪」が実施されました。
2日間にわたるバスツアーとして、斑鳩町民の皆様や町職員など計28名が小田原城、石垣山一夜城、尊徳記念館を訪問しました。(写真は石垣山一夜城にて)  

斑鳩町民バスツアー(1)
斑鳩町民バスツアー(2)
斑鳩町民バスツアー(3)

最終更新日:2013年11月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化政策課 文化交流係

電話番号:0465-33-1703


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.