小田原市

第60回尊徳祭イベント 報徳塾公開講座
「二宮金次郎に学ぶ地方創生~現代に通用する尊徳翁の事績~」受講者募集!

 江戸時代、郷土の偉人・二宮尊徳翁が財政立て直しや復興指導を行った地域は、生涯で約600か村。その方法は「報徳仕法」という独自のものです。
 その報徳仕法や尊徳翁の教えから現在のまちづくりに活かす教訓について、自立した地域活性化を目指したまちづくり事業を全国各地で推進している地域活性化伝道師の木下斉氏にうかがいます。
 また、すでに市内で尊徳翁の教えをもとにまちづくり事業を行っている「小田原柑橘倶楽部」の事例について、報徳二宮神社の草山明久宮司からお聞きします。

日時

平成29年10月14日(土)14時30分~16時00分

会場

小田原市尊徳記念館 講堂(小田原市栢山2065-1)

講師

木下斉氏

一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス代表理事 木下斉氏

1982年東京生まれ。早稲田大学高等学院在学中の2000年に全国商店街合同出資会社の社長就任。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一橋大学大学院商学研究科修士課程へ進学。08年、熊本城東マネジメント株式会社設立、09年一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンスを設立。内閣官房地域活性化伝道師や各種政府委員も務める。主著に「地方創生大全」(東洋経済新報社)、「稼ぐまちが地方を変える」(NHK新書)、「まちで闘う方法論」(学芸出版)、「まちづくりの経営力養成講座」(学陽書房)がある。

草山明久氏

報徳二宮神社宮司 草山明久氏


報徳二宮神社宮司。
1968生まれ。報徳二宮神社の社家に生まれ1994年より奉職、2008年より宮司。御祭神二宮尊徳翁の報徳思想と報徳仕法を現代の地域振興に生かす「報徳二宮神社まちづくり推譲事業」を推進。2010年に片浦みかんプロジェクト(現小田原柑橘倶楽部)を発案し農商工連携による地域活性化を提唱。現在も発起人として活動するほか、神社創建120周年記念事業では奉賛会会員とともに地場木材を用いた木製大鳥居の建立など、地域文化の継承や林業振興等につながる活動なども行っている。


対象

どなたでも・120人(多数抽選)

受講料

無料

託児

事前申込制。おやつ代など、お子様1人につき100円かかります。

申込方法

電話、または電子申請でお申込みください。

  1. 電話でのお申し込み。
    小田原市生涯学習センターけやき 電話0465-33-1882 ※土・日・祝日・第4月曜日を除く
  2. 電子申請でのお申し込み。
    次のリンク先の電子申請システムから、お申し込みください。

申込期間

平成29年9月1日(金)~9月28日(木)

報徳塾公開講座ちらし  PDF形式 :1.5MB


小田原市尊徳記念館(小田原市栢山2065-1)

>> 大きい地図を表示

 からの 
○電車
 (1)小田急線富水駅下車 徒歩約15分
 (2)小田急線栢山駅下車 徒歩約15分

ご来場の際は公共交通機関をご利用ください。

最終更新日:2017年09月01日


この情報に関するお問い合わせ先

文化部:生涯学習課 生涯学習センターけやき

電話番号:0465-33-1881


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.