小田原市

古文書・宝金剛寺文書

宝金剛寺文書 12点(市指定 昭和51年3月3日)
所有 国府津2038 宝金剛寺
所在 国府津2038 宝金剛寺
形状 中世文書 天文21年印信ほか11点

概説

宝金剛寺は、この地方では勝福寺と共に最も古い(平安時代初期)寺院で、創建当時は地青寺と呼ばれていました。

その後、弘治2年(1556)に後奈良天皇の勅により、今の寺号に改められたといわれ、国府津山医王院と号し、東寺真言宗に属した近郷31寺の本山でした。

この様な古刹(由緒ある古寺)なので、この寺には数多くの優秀な仏像、仏画や古文書類が所蔵されています。

指定の文書は、仏教界において師弟の間で大法や秘法が伝授され、法灯(衆生の迷いを救う仏法のことを灯火にたとえた)を継承して後代に伝えていく場合の、授受に関する文書(印信)を始め、小田原北条氏印判状など戦国期のもので、中世を知る上で貴重な史料です。

最終更新日:2013年05月31日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化財課

電話番号:0465-33-1717


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.