小田原市

三の丸外郭新堀土塁を開放します!

史跡公園として開放します

平成20年に史跡用地として取得し、これまでは安全面の問題などから閉鎖しておりました三の丸外郭新堀土塁(旧MRAアジアセンター)用地を、史跡公園として暫定的に開放いたします。

開放開始日

平成24年3月24日(土)から(年末年始のみ閉鎖いたします)

開放時間

午前10時から午後3時まで

※時間は目安であり、開閉時間は若干前後いたします。駐車場はございませんのでご了承ください。

三の丸外郭を散策しよう!

この開放に併せて、「三の丸外郭の散策ツアー」を行います。

現在、NPO法人小田原まちづくり応援団が運営している清閑亭(せいかんてい)の敷地に残されている土塁を見学した後、今回開放する新堀土塁を通り、小峯御鐘ノ台大堀切(こみねおかねのだいおおほりきり)を抜け、城山公園(慰霊塔付近)まで散策する見どころ満載のツアーです。

日時

平成24年3月24日(土)

午前10時から

集合場所

清閑亭入口

(解散は小田原駅西口)

参加費

無料

申込方法

3月19日(月)までに文化財課に電話でお申し込みください

電話0465-33-1718

清閑亭案内図

>> 大きい地図を表示
 からの 

三の丸外郭新堀土塁とは

小田原城は、戦国時代に本丸、二の丸、三の丸と拡大し、天正18(1590)年に豊臣秀吉が小田原城を攻めた時には、周囲約9キロにも及ぶ総構(そうがまえ)が完成していました。

三の丸外郭新堀土塁 位置図

三の丸外郭新堀土塁 位置図(画像をクリックすると拡大します)

市では、この総構や三の丸の保存、整備を進めています。平成20年2月には、三の丸外郭と総構の結節点にあたる重要な場所にあり、三の丸土塁の形状が残されている三の丸外郭新堀土塁(旧MRAアジアセンター用地)を史跡用地として取得しました。

これまでは、旧アジアセンターの建物跡地が大きく削られた状態であったため、安全面の問題などから開放を見合わせていました。

いずれは本格的な史跡整備を行う予定ですが、このたび安全を確保するための暫定整備工事を行い、3月24日(土)から史跡公園として開放します。

相模湾や石垣山一夜城が一望でき、芝生などを憩いの空間として活用できるこの場所を、史跡巡りや別邸巡りの散策などにご利用ください。

敷地からの眺望

敷地からの眺望(左側手前で鉄塔があるのが石垣山)

三の丸外郭新堀土塁位置

>> 大きい地図を表示
 からの 

最終更新日:2012年03月08日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

文化部:文化財課 史跡整備係

電話番号:0465-33-1718


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.