小田原市

「そうだ!キャンプに行こう」おだわら自然楽校特別編第1回研修【平成29年10月8日(日)】

青少年育成の指導者・ボランティアとして活躍する人を養成する研修事業「おだわら自然楽校」の特別編第1回研修が10月8日(日)に小田原市いこいの森にて開催されました。(9月17日(日)に予定されておりましたが、台風のため延期)
講師にOutdoor LifeStyle Produceの小清水哲郎さんをお迎えし、キャンプを行う上でのリスクマネジメントや、簡単においしく作れるアウトドアクッキング、ブルーシートをあれこれ使えるテクニックを学びました。
小清水先生は、おだわら自然楽校立ち上げ当初からお世話になっており、ベテラン指導者から初参加受講者まですべての受講者が楽しみながら学べる研修を行っていただきました。

アイスブレイク

研修のはじまりは徹底的なアイスブレイクから。
初めて参加の受講者も壁がなくなり、1日の研修が笑顔で始まります。
一人ひとりの顔を覚え、キャンプネームで呼び合える仲になります。

リスクマネジメント

続いては、リスクマネジメントの座学。
小清水先生の実体験を含めながらの講義は、おもしろく興味深く、90分があっという間に感じました。


空き缶

昼食は簡単に作れるアウトドアクッキング。ホットサンドと、空き缶を使ったポトフを作りました。
ホットサンドの道具を使用するのと、網(BBQ用)を使用して焼くもの、鉄板の重さを使用して焼くものと、3つの方法で作成しました。
参加者のオリジナリティあふれるほかほかホットサンドの出来に、受講者は大満足でした。

ポトフ

500mlの空き缶を使って作るポトフは、ぴったり一人分が手軽にあっという間に出来上がります。
中の具は、身近なお菓子をいれて美味しさアップを狙います。


ブルーシートについて

午後はブルーシートの活用術を学びます。
ブルーシートの厚さごとの使い道を学びます。

ブルーシート作り方

実際にブルーシートやペグ、テントポールを使って、自分たちで考えながら安定するタープを作ります。
基礎的なペグの打ち方も学びます。


最終更新日:2017年10月27日


この情報に関するお問い合わせ先

子ども青少年部:青少年課 育成係

電話番号:0465-33-1723
FAX番号:0465-33-1723


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.