小田原市

あれこれ体験シリーズ「あれこれチャレンジ in 片浦」参加者募集!!【平成29年3月4日(土)】

平成28年7月と8月に実施した「あれこれ体験in片浦」の続編として、日帰り型体験学習イベントを開催します。
旧片浦中学校をフィールドに、学校や学年の違う仲間や指導者たちと協力し、環境学習の要素を含んだゲームや空き缶を使った簡単な炊飯等をします。
春休み前に楽しい思い出を一緒に作りましょう!!
参加を希望されるかたは、2月24日(金)までに電話(青少年課 33-1731)でお申し込みください。(定員30名、多数抽選)
参加決定については、2月27日(月)以降、郵送にてお知らせします。

日時 平成29年3月4日(土)9:00~16:00
場所 旧片浦中学校(根府川41)
対象 小田原市内在住の小学4~6年生
定員 30名(申込み者多数の場合抽選)
集合・解散 根府川駅ロータリー
※根府川駅集合・受付後、まとまって旧片浦中学校に移動します。
参加費 1,000円(保険料、食材代)
申込み方法 平成29年2月24日(金)17時00分までに、青少年課(0465-33-1731)に電話で。(多数抽選)
※お子様の名前、住所、電話番号、学校名、学年をお伝えください。
服装・持ち物 動きやすい服装(スカートでの参加はご遠慮ください。また、体験活動の安全面から肌の露出過多は控えてください。)、飲み物、室内履き(室内で活動を行います。スリッパ不可)、軍手、350mlアルミの空き缶2つ、新聞紙(朝刊1日分)、カッター、タオル、ビニール袋、その他各自必要なもの
主催 地域・世代を超えた体験学習実行委員会
小田原市子ども青少年部青少年課
諸注意 ※昼食は当日ご飯と汁物を調理しますので、不要です。
※参加者が持参した持ち物のゴミは必ずお持ち帰りください。
※集合・解散は根府川駅になりますのでご注意ください。
※参加決定は2月27日(月)以降郵送にてお知らせします。

昨年の様子

アイスブレイク

アイスブレイク

まずは緊張状態(アイス)をほぐす(ブレイク)ゲームを大人も混ざって行いました。
 

地球上の水と陸地はどっちが多い?

青い惑星

 地球の絵がプリントされているビーチボールを使って、海と陸地どちらが多いか確かめるプログラムを実施しました。

オー・ディア!

オー・ディア!

鹿と食物、水、隠れ場所にそれぞれ分かれ、生物の個体数が変化することを体験するプログラムを実施しました。


紙コップを使って調理

紙コップを使って調理

紙コップを使って炊飯と蒸しパンを調理しました。紙コップを2重にして内側にお米と水を入れ、焦げないようにアルミホイルで全体を包んで火にかけました。蒸しパンにはチョコチップやレーズンをお好みでトッピングしました。

いざ調理

みんなで協力して調理

火加減に注意して、交代しながらかまどを見守りました。紙コップで炊飯と蒸しパンの調理ができたことに、子どもたちは感動していました。

みんなのトンボ池

みんなのトンボ池

グループごとにトンボが生息する池に影響が出ないよう、人が生活するにはどうしたらいいか話し合いました。最後はほかのグループの前で発表しました。


会場地図

>> 大きい地図を表示

 からの 

あれこれチャレンジin片浦チラシ  PDF形式 :233.9KB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


なお、このプログラムは、野外体験活動指導者として活躍できる人材を育成する、指導者養成研修事業「おだわら自然楽校」の指導者が企画から運営を手がけています。

また、当日は指導者として子どもたちと同行し、サポートします。
 

指導者養成研修事業「おだわら自然楽校」の概要については、こちらをご覧ください。

最終更新日:2017年02月15日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

子ども青少年部:青少年課 育成係

電話番号:0465-33-1723


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.