小田原市

住民票の写し

「住民票」と「住民票の写し」とは

「住民票」は、個々の住民の居住関係に基づき、住所・氏名・生年月日・性別など住民基本台帳法により定められた事項が記載されたものです。

「住民票の写し」は、住民票に記載されている事項を写したもので、現在住民登録をされているかたの居住関係を公証する証書です。(記載事項についての詳細は、ページ下部をご覧ください)

「住民票の写し」の様式には、世帯を単位とする「世帯票」と、個人を単位とする「個人票」があります。

 

※「住民基本台帳法の一部を改正する法律」が施行された平成24年7月9日以降は、外国人登録法が廃止され、外国人住民についても住民票が作成されるようになりました。

日本人住民と外国人住民の住民票が世帯ごとに編成されることで、複数国籍世帯(外国人住民と日本人住民で構成する世帯)における世帯全員の証明書(住民票の写し・住民票記載事項証明書等)が発行可能になります。

住民票の写しを請求できるかた

本人および同一世帯のかた、または同居別世帯の親族のかた(※1)

住民票を必要とする正当な理由のあるかた(第三者)(※2)

  • 原則として上記以外のかたからの請求は、上記のかたが署名・押印した委任状(PDF)が必要です。
  • いずれのかたからの請求でも、証明対象者の住所と氏名を正確に申請書に記入できる必要があります。

(※1)同居別世帯の親族のかたの場合は、申請書へ請求目的と提出先の記入が必要となります。

(※2)住民票の使用目的が住民基本台帳法第12条の3に定める正当な理由に該当する場合にのみ請求できます。

委任状  PDF形式 :193.4KB


住民票の写しの請求に必要なもの

1 窓口に来られるかたの本人確認のできるもの

官公署が発行した顔写真付き身分証明書

(運転免許証、パスポート、顔写真入り住民基本台帳カードなど)

上記の証明書がないかたは、健康保険証、年金手帳などの書類を複数お持ちください。

2 手数料

1通 300円

3 住民票を必要とする正当な理由のあるかた(第三者)の場合は、以下の書類も必要です。

(1)事実確認のための疎明資料(契約書など)

(2)個人以外の場合:法人・会社等と請求の任に当たっている者との関係を確認する書類

  • 代表者が申請する場合:代表者である資格証明書(登記事項証明等)
  • 従業員が申請する場合:社員証、又は社員証明書(代表者の作成した書面)等
  • 申請書に具体的な申請理由をご記入いただくことが必要です。
  • 原則として、本籍・筆頭者、世帯主の氏名・世帯主との続柄、法第30条の45の表の下欄に掲げる事項(外国人住民のみ記載)が省略された、必要とする方だけの住民票の写しでの交付となります。

4 委任状(代理人のかたが来られる場合)

請求できるかた本人がすべて署名・押印した委任状も必要です。

委任状の様式は小田原市役所 2階 戸籍住民課、住民窓口(マロニエ・いずみ・こゆるぎ)、各支所、連絡所、窓口コーナー(酒匂・桜井・国府津駅前)、アークロード市民窓口でお配りしているほか、下記からダウンロードも可能です。

委任状  PDF形式 :193.4KB


申請場所

窓口名称 時間など
小田原市役所2階 戸籍住民課3C窓口 平日:午前8時30分~午後5時00分
(火曜日のみ午後7時00分まで)
住民窓口(いずみ・こゆるぎ)、
支所(大窪・早川・豊川・上府中・下曽我・片浦・曽我)、
中央連絡所、
窓口コーナー(酒匂・桜井)
平日:午前8時30分~午後5時00分
マロニエ住民窓口 平日:午前8時30分~午後5時00分
土・日曜日・祝日:午前8時30分~午後5時00分
アークロード市民窓口 平日:午前7時30分~午後7時00分
土・日曜日・祝日:午前8時30分~午後5時00分
国府津駅前窓口コーナー 平日:午前7時30分~午後7時00分
土曜日:午前8時30分~正午
  • いずれの窓口も12月29日~1月3日は受付をしておりません。

注意事項

  • 転出や死亡などにより抹消された住民票の写し(除票)の発行期限は、抹消されてから5年間です。除票は個人票での発行になります。
  • 氏名や本籍などを変更した履歴の証明が必要な場合は、個人票での発行になります。
  • 独居世帯で亡くなられたかたの除票を請求する場合、窓口に来られたかたの本人確認書類に加え、親族関係を確認できる戸籍謄本のコピーなどの提示が必要です。
  • 偽りその他不正の手段により住民票の写しの交付を受けた者は、30万円以下の罰金に処せられます(住民基本台帳法47条)
  • プライバシーの侵害などにつながるような不当な請求には応じられません。

郵便請求

住民票の写しに記載されている事項

「住民票の写し」には、下記の事項が記載されています。

  1. 氏名
  2. 生年月日(日本人住民:「年号」、外国人住民:「西暦」で記載)
  3. 男女の別
  4. 世帯主の氏名および世帯主との続柄
  5. 戸籍の表示(本籍と筆頭者の氏名) ※日本人住民のみ記載
  6. 住民となった年月日(同一市区町村内に住み始めた年月日)
  7. 住所を定めた年月日
  8. 転入等をした者については、その届出の年月日
  9. 従前の住所
  10. 住民票コード
     日本人住民:11桁の数字が付番されています。
     外国人住民:11桁の数字が付番されています。(平成25年7月7日~)
  11. 個人番号(マイナンバー)
     12桁の数字が付番されています。(平成27年10月5日~)
  12. 国籍・地域 ※外国人住民のみ記載
  13. 外国人住民となった年月日 ※外国人住民のみ記載
  14. 法第30条の45の表の下欄に掲げる事項 ※外国人住民のみ記載
     【中長期在留者】中長期在留者である旨、在留資格、在留期間、在留期間の満了日、在留カードの番号
     【特別永住者】特別永住者である旨、特別永住者証明書の番号
     【一時庇護許可者】一時庇護許可者である旨、上陸期間
     【仮滞在許可者】仮滞在許可者である旨、仮滞在期間
     【出生による経過滞在者】出生による経過滞在者であることについての記載
     【国籍喪失による経過滞在者】国籍喪失による経過滞在者であることについての記載
  15. 通称 ※外国人住民で、登録されている場合のみ
  • 4、5、11、12、14は省略することができます。
  • 第三者からの請求の場合、原則として4、5、10、11、12、13、14が省略された、必要とする方だけの住民票の写しでの交付となります。
  • 10は住民票の写しには通常記載されません。本人または同じ世帯の方からの請求があった場合にのみ記載されます。
    代理人からの請求の場合は、本人の住民登録地に郵送することになります。また、第三者からの請求の場合には記載することができません。
  • 11は本人または同じ世帯の方からの請求があった場合にのみ記載されます。
    代理人からの請求の場合は、本人の住民登録地に郵送することになります。また、第三者からの請求の場合には記載することができません。

最終更新日:2015年10月14日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

市民部:戸籍住民課

電話番号:0465-33-1386


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.