小田原市

印鑑登録の申請(本人による新規登録)

新規に印鑑を登録する場合は、原則として文書による照会回答方式(即日登録できません。登録までに日数がかかります。)となります。

初回来庁時に仮登録をしていただき、市からご本人の住民登録している住所あてに「印鑑登録照会書」を郵送します。

ご自宅に届いた「印鑑登録照会書」と登録する印鑑を持参し、仮登録した窓口に来庁していただいた時点で本登録を行います。

仮登録の際に用意するもの

  • 登録する印鑑
  • 本人確認書類(以下、「即日登録できる例外」をご参照ください。)
    例:運転免許証・パスポート・住民基本台帳カード(顔写真入り)、健康保険証・年金手帳など(いずれも有効期間内のもの)

本登録の際に用意するもの

  • 郵送で届いた「印鑑登録照会書」
  • 登録する印鑑
  • 本人確認書類
    例:健康保険証・年金手帳など(いずれも有効期間内のもの)

即日登録できる例外

例外として、次のいずれかに該当する場合は即日登録ができます。 

  • 本人による申請で、官公署の発行した免許証、許可証もしくは身分証明書であって本人の写真を貼付したものを提示した場合。
    (例:運転免許証、パスポート、顔写真入り住民基本台帳カードなど)
  • 本人による申請で、印鑑登録申請書の保証書欄を既に印鑑登録を受けている者(保証人)が記入し、実印を押印した場合。この場合、口頭で質問にお答えいただき、本人確認を行います。
    保証人が市内に住所を有していないときは、印鑑登録証明書(発行後3ヶ月以内)の提出が必要です。
  • 申請用紙の記入等の不備や、本人確認書類の汚損等により本人確認が十分にできない場合等は、即日登録できないこともあります。
  • 同日に印鑑登録証明書の発行が可能です。

印鑑登録申請書  PDF形式 :167.9KB


登録するときの注意

登録できない印鑑

  • 氏名以外の事項を表しているもの(職業、資格、ペンネーム、模様図柄など)
  • 変形しやすい材質(ゴム、エボナイトなど)で作られたもの及び指輪に刻んだもの
  • 印影の大きさが、一辺の長さ8ミリメートルの正方形に収まるもの、または、一辺の長さ25ミリメートルの正方形に収まらないもの
  • 印影が不鮮明であるもの
  • 縁がないもの又は外枠が4分の1程度欠けているもの
  • 判読が困難なもの
  • 他の者がすでに登録しているもの
  • 逆彫(文字部分が白抜き)のもの
  • 一個の印材に二個以上の刻印があるもの

その他の注意

  • 市販されている印鑑(いわゆる三文判)は全国に同じ形(印影)のものが出回っているため、第三者による悪用などの危険性が伴います。原則として彫ってもらった印鑑で登録してください。
  • 登録できる印鑑は、一人一つに限ります。また、同じ印鑑を二人以上が登録することも出来ません。
  • 15歳未満の方や成年被後見人は登録することが出来ません。
  • 申請書類等に不備がある場合は、申請をお受けできない場合があります。
  • 外国人住民の方の印鑑登録は、市役所戸籍住民課(0465-33-1386)のみでのお取り扱いとなります。登録できる印鑑につきましては、あらかじめ市役所戸籍住民課にご確認ください。

申請場所

窓口名称

時間など

小田原市役所 2階 戸籍住民課3A窓口

平日午前8時30分~午後5時00分

(火曜日のみ午後7時00分まで)

住民窓口(マロニエ・いずみ・こゆるぎ)

支所(大窪・早川・豊川・上府中・下曽我・片浦・曽我)

中央連絡所

平日午前8時30分~午後5時00分

いずれの窓口も12月29日~1月3日は受付をしておりません。

※アークロード市民窓口、窓口コーナー(国府津駅前・酒匂・桜井)では印鑑登録できません。

最終更新日:2014年11月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

市民部:戸籍住民課

電話番号:0465-33-1386


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.