小田原市

小児医療費助成制度を中学校卒業まで拡大

平成28年10月診療分から通院時の医療費助成を、中学校卒業までに拡大しました。
手続きには申請が必要です。まだお済でない方は、お早目に申請してください。
申請の遅れなどにより平成28年10月1日に医療証が手元にない場合は、後日、自己負担分を払い戻しますので領収書を保管しておいてください。(平成28年10月1日以降に医療機関にかかった保険診療分について)

対象となるお子さん

今回の対象年齢拡大の対象となるお子さんは、平成13年4月2日から平成16年4月1日生まれのお子さんです。
満15歳に達した日以後の最初の3月31日以降も、就学猶予などで引き続き中学校に在籍している場合は、満18歳まで対象になりますので個別にお問い合わせください。

申請時の必要書類

お子さんの誕生日とお子さんを養育している者(お父さん又はお母さんなど)の転入日によって必要な書類が異なります。
なお、所得を証明する書類は、申請者とその配偶者の分が必要になります。配偶者が、もう一方の配偶者の控除対象配偶者の場合は、配偶者控除対象の方の所得を証明する書類は不要です。
お子さんの誕生日が10月2日~6月30日の方
1月1日の住民登録地 必要な書類
平成27年1月1日以前から小田原市 ・申請書
・お子さんが加入している保険証の写し
平成27年1月1日は市外
平成28年1月1日は小田原市
・申請書
・お子さんが加入している保険証の写し
・平成26年度中の所得を証明する書類
平成27年1月1日も市外
平成28年1月1日も市外
・申請書
・お子さんが加入している保険証の写し
・平成26年度中の所得を証明する書類
(ただし誕生日の次の月からの医療証を発行するには平成27年中の所得を証明する書類が必要になります。)
お子さんの誕生日が7月1日~10月1日の方
1月1日の住民登録地 必要な書類
平成27年1月1日は市外
平成28年1月1日は小田原市
・申請書
・お子さんが加入している保険証の写し
平成27年1月1日も市外
平成28年1月1日も市外
・申請書
・お子さんが加入している保険証の写し
・平成27年度中の所得を証明する書類
  • 申請書にお子さんの加入保険の状況(保険の種類、記号番号、被保険者名、保険者名、保険者番号等)を正しくご記入いただければ、保険証の写しの送付は必要ありません。
  • 小田原市に住民登録があっても収入の申告が済んでいない方は申告が必要です。
  • 次の書類は所得を証明する書類としては利用できませんので注意してください。

  • 源泉徴収票
  • 市民税・県民税納税通知書
  • 給与所得等に係る市民税・県民税 特別徴収税額の決定・変更通知書
  • 扶養人数の記載がない課税証明書や所得証明書

所得制限について

お子さんを養育している者の所得によって助成を受けられない場合があります。
  • 養育している者とはお子さん養育しているお父さんまたはお母さんですが、所得の判定は所得の高い方で判定します。お子さんと同じ健康保険に加入していない方の場合もあります。
  • お子さんが祖父または祖母の健康保険に加入している場合は、お父さんまたはお母さんのうち所得の高い方で所得判定します。
  • 所得判定の結果、定められた所得制限を超えているため助成対象とならない場合は、その旨をお知らせする文書をお送りします。
お子さんの誕生日 判定の対象となる年度
10月2日から6月30日 平成26年中の所得(平成27年度所得証明書等)
ただし誕生日の次の月からは平成27年中の所得(平成28年度所得証明書等)
7月1日から10月1日 平成27年中の所得(平成28年度所得証明書等)

所得限度額(所得の限度額は扶養人数によって異なります。

扶養などの人数 所得限度額
0人
532万円
1人
571万円
2人
608万円
3人
646万円
4人
684万円
5人
722万円

以後、1人増すごとに38万円を加算します。

 所得額・・・合計所得から、定額控除(8万円)・老人扶養(1人当たり6万円)・雑損控除・小規模企業共済等掛金・障害者控除・(特別)寡婦(夫)控除・勤労学生控除・医療費控除を差し引いた額。 

 (合計所得とは利子所得、配当所得、不動産所得、事業所所得、給与所得、譲渡所得、一時所得、雑所得の合計額)

※所得判定の結果、定められた所得制限限度額を超えている場合には助成は受けられません。

最終更新日:2016年12月08日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

子ども青少年部:子育て政策課 手当・医療係

電話番号:0465-33-1453


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.