小田原市

70歳以上75歳未満の人の医療(高齢受給者証)

70歳になると、医療費の自己負担割合や自己負担限度額が変わります。
国民健康保険に加入している70歳以上75歳未満の人には、「国民健康保険高齢受給者証(以下高齢受給者証)」を交付しています。
病院・診療所・薬局などの医療機関を受診するときは、必ず「保険証」と一緒に「高齢受給者証」を窓口にお出しください。

対象

70歳の誕生日の翌月1日から対象となります。ただし、1日生まれの人は、誕生日からとなります。
国民健康保険に加入中の人には、70歳になる誕生月(1日生まれの人は前月)の下旬に、高齢受給者証を世帯主宛に郵送します。
こk 

一部負担金の割合

医療機関での一部負担金の割合は、同一世帯内の70~74歳の国民健康保険被保険者の前年所得などに応じて判定し、高齢受給者証に表記しています。
一部負担金の割合は、現役並み所得者(※)は3割で、それ以外の人は2割(昭和19年4月1日以前生まれの人は1割)です。
  • 現役並み所得者とは
    同一世帯に市県民税課税所得(課税標準額)が145万円以上の70歳以上の国保険被保険者がいる人。70歳以上の国保被保険者が2人以上いる世帯では、145万円以上の人が1人いれば全員現役並み所得者(3割)になります。

ただし、次の場合は課税所得145万円以上の人がいても2割(または1割)になります。

申請がいらない場合

  • 昭和20年1月2日以降生まれの国保被保険者がいる世帯のうち、旧ただし書き所得(総所得金額等-33万円)の合計額が210万円以下の場合

申請(基準収入額適用申請)が必要な場合

  • 70歳以上の国保被保険者の収入が383万円未満の場合
    70歳以上の国保被保険者が2人以上ならその全員の収入の合計が520万円未満の場合
  • 同一世帯の国保被保険者が後期高齢者医療制度に移行したため現役並み所得者(課税所得145万円以上、収入383万円以上)になった単身の国保被保険者は、後期移行者との収入の合計が520万円未満になる場合

高齢受給者証の更新

高齢受給者証は、毎年8月に前年の所得などにより一部負担金の割合を判定し、更新します。新しい高齢受給者証は、7月下旬に世帯主宛に郵送します。

加入・脱退などの手続き

高齢受給者証の対象者に次のようなことがあった場合は、手続きをしてください。
  • 国民健康保険に加入した(会社の保険を脱退した・他市区町村から転入した・生活保護が廃止になったなど)
  • 国民健康保険を脱退した(会社の保険に加入した・他市区町村に転出した・生活保護を受け始めたなど)
  • 住所(市内)・氏名・世帯主などが変わった
  • 高齢受給者証をなくしてしまった、よごれて使えなくなってしまった

持ちものは国民健康保険の各手続きに必要なものと、高齢受給者証です。

手続きは、市役所2階2番窓口(国民健康保険係)、各支所、中央連絡所、マロニエ・いずみ・こゆるぎの各住民窓口でできます。
  • 次の窓口コーナーでは手続きできませんので、ご注意ください。
    アークロード市民窓口、国府津駅前窓口コーナー、酒匂窓口コーナー、桜井窓口コーナー

最終更新日:2016年02月15日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

福祉健康部:保険課 国民健康保険係

電話番号:0465-33-1845


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.