小田原市

介護サービスを利用するには:ケアプランの作成〜サービスの利用

在宅サービスの利用にはケアプランが必要です

在宅で介護サービスを利用するために、まずケアプランを作成します。ケアプランとは1週間および1か月に受ける在宅サービスの予定表のことで、ケアマネジャー(※)が作成します。
なおケアプランの作成にかかる費用は、介護保険から支払われるため、利用者の自己負担はありません。

  • ケアマネジャー:要介護者等が自立した日常生活を営めるよう必要な援助をするための専門的な知識・技術をもった人です。
    具体的には、医師・歯科医師・薬剤師・保健師・看護師・理学療法士・作業療法士・社会福祉士・介護福祉士など保健・医療・福祉分野の従事者のうち、一定の実務経験があり各都道府県が実施する試験に合格して実務研修を終了した後、各都道府県の介護支援専門員名簿に登録された人となっています。
    ケアプランの作成を依頼すると、介護サービスを熟知したケアマネジャーが、利用者の希望や身体の状態を考慮しながら、自立を支援するためのケアプランを作成します。
    ケアマネジャーは、ケアプランの作成のほかに、各種サービス事業者との連絡調整やモニタリング(サービスの効果の定期的な確認)、介護報酬の計算なども行います。

ケアプランを作成するには:要介護1〜5の認定を受けた方

要介護1〜5の認定を受けた方は、居宅介護支援事業所にケアプランの作成を依頼します。

居宅介護支援事業所は利用者本人または家族で選んで契約することになりますので、事業所に直接電話等でお問い合わせください。

ケアプランを作成するには:要支援1・2の認定を受けた方

要支援1・2の認定を受けた方は、地域包括支援センターにケアプランの作成を依頼します。市内には7ヶ所の地域包括支援センターがありますが、それぞれ担当する地域が決まっていますので、お住まいの地域を担当するセンターに依頼をしてください。

ケアプラン作成からサービスの利用まで

在宅サービスを受ける場合、要介護状態区分に応じて、利用限度額が決められています。ケアマネジャーはこの範囲内でケアプランを作成します。
なお、福祉用具購入費の支給・住宅改修費の支給・居宅療養管理指導など、ケアプランを作成しなくても利用できる在宅サービスもあります。
また、福祉用具購入費の支給と住宅改修費の支給についての利用限度額は、他の在宅サービスとは別に設けられています。

在宅サービスの利用限度額(1月あたり) ※1単位=約10円
要支援1 5,003単位
要支援2 10,473単位
要介護1 16,692単位
要介護2 19,616単位
要介護3 26,931単位
要介護4 30,806単位
要介護5 36,065単位
  • ケアプランに載せてある介護サービスを受けた場合には、サービスにかかった金額の1割を事業所に支払います。ケアプランを作成しない場合やケアプランに載せていない介護サービスを受けた場合は、いったん費用の全額を支払い、あとから自己負担分を除いた9割分の給付を受けることになります。

最終更新日:2015年04月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

福祉健康部:高齢介護課 介護給付係

電話番号:0465-33-1827


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.