令和2年度軽自動車税(種別割)納税通知書を発送しました

軽自動車税(種別割)は、毎年4月1日時点の所有者(使用者)に課税されます。※月割りはありません。
令和2年4月2日以降に廃車手続きをされた場合には、令和2年(2020年)度分まで軽自動車税(種別割)が課税されます。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のための市税窓口業務体制の縮小について

 新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言の発令に伴い、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、市役所等における窓口業務体制を縮小しています。お問い合わせの場合には、「よくある質問と回答」及び軽自動車税(種別割)ホームページの内容をご確認ください。
 窓口業務体制の縮小により、手続き等に時間がかかる場合があります。また、従前に配布された印刷物等の内容と実際の窓口業務体制が異なる(窓口の閉庁等)場合がありますので、市ホームページや担当窓口へご確認をお願いいたします。
 納税者の皆様には、ご不便をおかけいたしますが、ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

縮小内容

  • 市役所本庁舎の市税窓口における人員を通常時より縮小して対応しています。
  • 毎週火曜日の午後5時から午後7時まで実施している「市税の収納」、「原動機付自転車等の諸手続き」、「臨時運行許可」及び「税証明書の交付」における窓口業務の時間延長については、令和2年4月21日(火)から当面の間、中止します。また、状況により、更に中止の期間が延長される場合があります。

軽自動車税(種別割)のよくある質問と回答

軽自動車税(種別割)や原動機自転車等について、小田原市へ多く寄せられる質問と答えをまとめました。各種手続きや軽自動車税(種別割)の納付、軽自動車税(種別割)の納税証明書の取得方法など、ご不明な点につきましては、下の「よくある質問と回答」を参照してください。

軽自動車税(種別割)納税通知書の発送日

令和2年度の軽自動車税(種別割)の納税通知書は、令和2年(2020年)5月11日(月)に発送しました。

軽自動車税(種別割)の税率及び税率改正

軽自動車税(種別割)の税率については、「軽自動車税(種別割)の納税義務者と税率について」を参照してください。
平成28年度分から、原動機付自転車などの二輪車と小型特殊自動車の税率が引き上げられました。
三輪以上の軽自動車はグリーン化(環境への負荷の低減に資するための施策)を進める観点から、電気自動車などを除いて、新車登録から13年を経過した車両の平成28年度以後の税率が引き上げられました。また、令和元年度中に新車登録された一定の排出ガス基準・燃費性能を満たす車両の令和2年(2020年)度分の税率は、その達成度に応じて軽減されます。

軽自動車税(種別割)の納期限

令和2年度軽自動車税の納期限(口座振替日)は、令和2年(2020年)6月1日(月)です。
納期限までに、市役所、マロニエ住民窓口、いずみ住民窓口、こゆるぎ住民窓口、アークロード市民窓口、小田原市内に本支店がある金融機関、コンビニエンスストアで納付してください。
また、口座振替により納付されている方は、納期限の日の前日までに預貯金残高の確認をお願いします。
納付場所等について、詳しくは「納付方法」のページを参照してください。

また、納期限までに納付されない場合は、文書や電話等による督促や、延滞金が発生することがあります。納期限の日までにご納付をお願いします。

口座振替のお申込みについて

軽自動車税(種別割)を口座振替により納付される場合は、令和3年度分から申し込むことができます。小田原市内の金融機関の窓口、または郵送専用の口座振替依頼書を小田原市役所に郵送することでお申し込みができます。
詳しくは「口座振替で納付」のページをご覧ください。

車検用の納税証明書について

車検時に必要な「軽自動車税(種別割)納税証明書(継続検査用)」は、納付書で納付する場合は、納税通知書の右端に付属されており、納付した際、領収の日付印が押印されると、納税証明書(継続検査用)としてご利用いただけます。
また、口座振替をご利用の場合は、口座振替により納付ができた場合、6月中旬にはがきで「軽自動車税(種別割)納税証明書(継続検査用)」を郵送します。
「軽自動車税(種別割)納税証明書(継続検査用)」を紛失した場合には、車検証(コピー可)をお持ちの上、市役所、または市内4か所にある住民窓口・市民窓口で再交付(無料)の申請をしてください。なお、郵便で請求も可能です。

軽自動車税(種別割)の減免

身体障害者手帳などを交付されている方などが、日常生活のために軽自動車を使用する場合や、社会福祉法人などが福祉サービス利用者のために軽自動車を使用する場合は、申請により税の減免が受けられることがあります。
詳しくは、市税総務課までお問い合わせください。

廃車・名義変更等の手続きについて

車両を廃車・譲渡した場合は、必ず所定の手続きをしてください。

◆小田原市のナンバープレートが付いている原動機付自転車又は小型特殊自動車を廃車・譲渡した場合は、小田原市役所2階8番(軽自動車税窓口)で手続をしてください。また、郵送により廃車することもできますので、ご利用ください。
◆三輪以上の軽自動車の廃車・譲渡に伴う手続については、軽自動車検査協会神奈川事務所湘南支所(電話 050-3816-3119)へお問い合わせください。
◆排気量125cc超えのオートバイの廃車・譲渡等に伴う手続については、神奈川運輸支局湘南自動車検査登録事務所(電話050-5540-2038)へお問い合わせください。

小田原市外に住民登録がある軽自動車税(種別割)の納税義務者の方へ

小田原市外に住民登録がある軽自動車税(種別割)の納税義務者の方で、住所や車両の主たる定置場(車両を止めておく場所)等の変更があった場合は、所定の手続きが必要になりますので、こちらのページをご覧ください。

軽自動車税(環境性能割)

令和元年(2019年)10月1日から、自動車取得税(県税)に代わり、自動車の燃費性能等に応じて自動車の購入時に納付する「環境性能割」が導入されました。新車・中古車を問わず購入価格が50万円を超える車両が対象です。これに伴い、軽自動車分の環境性能割は市税となりますが、当分の間は、県が賦課徴収を行います

最終更新日:2020年05月11日


この情報に関するお問い合わせ先

総務部:市税総務課 税制係

電話番号:0465-33-1341


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

住民税試算システム紹介ページへリンク

無尽蔵プロジェクト・ブログ

よくある質問

このページに関連する「よくある質問」はありません

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.