小田原市

個人住民税における公的年金からの特別徴収制度の見直し

 平成28年10月から適用される改正点

(1)仮特別徴収税額の算定方法の見直し(仮特別徴収税額の平準化)

年間の徴収税額の平準化を図るため、仮特別徴収税額(仮徴収税額)を
「前年度分の公的年金等に係る所得割額と均等割額の合算額(年税額)の2分の1に相当する額とする」
こととなりました。
  • 本改正は、仮特別徴収税額(仮徴収額)の算定方法の見直しを行うものであり、税負担となる年税額の増減を生じさせるものではありません。

対象者

年金から特別徴収(天引き)されている方

現行

徴収方法:仮徴収(4・6・8月)

  • 前年度分の本徴収額÷3(前年度2月と同じ額)

徴収方法:本徴収(10・12・2月)

  • (年税額-仮徴収額)÷3

改正後

徴収方法:仮徴収(4・6・8月)

  • (前年度分の年税額÷2)÷3

徴収方法:本徴収(10・12・2月)

  • (年税額-仮徴収税額)÷3

 (例)公的年金等にかかる市県民税の年額が60,000円の方(65歳以上)の場合で比較

現行

平成28年度(年税額:60,000円)

徴収方法:仮徴収(4・6・8月)

  • 10,000円

徴収方法:本徴収(10・12・2月)

  • 10,000円
平成29年度(年税額:36,000円)
※医療費控除の増加により年税額が減少した想定

徴収方法:仮徴収(4・6・8月)

  • 10,000円

徴収方法:本徴収(10・12・2月)

  • 2,000円
平成30年度(年税額:60,000円)

徴収方法:仮徴収(4・6・8月)

  • 2,000円

徴収方法:本徴収(10・12・2月)

  • 18,000円
平成31年度(年税額:60,000円)

徴収方法:仮徴収(4・6・8月)

  • 18,000円

徴収方法:本徴収(10・12・2月)

  • 2,000円

改正後

平成28年度(年税額:60,000円)

徴収方法:仮徴収(4・6・8月)

  • 10,000円

徴収方法:本徴収(10・12・2月)

  • 10,000円
平成29年度(年税額:36,000円)
※医療費控除の増加により年税額が減少した想定

徴収方法:仮徴収(4・6・8月)

  • 10,000円

徴収方法:本徴収(10・12・2月)

  • 2,000円
平成30年度(年税額:60,000円)

徴収方法:仮徴収(4・6・8月)

  • 6,000円

徴収方法:本徴収(10・12・2月)

  • 14,000円
平成31年度(年税額:60,000円)

徴収方法:仮徴収(4・6・8月)

  • 10,000円

徴収方法:本徴収(10・12・2月)

  • 10,000円

参考

新規65歳到達者など年金特徴開始初年度の特別徴収税額の計算方法

徴収方法:普通徴収(個人で納付)

  • 徴収月:6・8月
  • 割合:年税額の4分の1ずつ

徴収方法:特別徴収(年金から天引き)

  • 徴収月10・12・2月
  • 割合:年税額の6分の1ずつ

  • 端数分は10月徴収分に寄る
  • 現行制度では前年度2月と同じ額になるため、一度生じた不均衡が平準化しない
  • 改正後では、年税額が2年連続で同額の場合は、平準化となる


(2)特別徴収の中止要件の見直し

1月1日以後に他市町村へ転出した場合

現行制度では賦課期日(1月1日)後に市町村の区域外に転出した場合や、特別徴収する税額が変更された場合、公的年金からの特別徴収は停止(中止)され、普通徴収(納税通知書で納めていただく方法)に切り替わることとされています。
年金所得者の納税の便宜や市町村における徴収事務の効率化の観点から、「転出や税額変更があった場合においても一定の要件の下、特別徴収を継続する」こととされました。

税額の変更があった場合の特別徴収の継続

市町村長が年金保険者(日本年金機構や共済組合等)に対して、公的年金から特別徴収する税額を通知(例年7月初旬)した後に特別徴収税額を変更する場合、12月分と2月分の本徴収に限り、変更後の特別徴収税額によって継続することとなります。

最終更新日:2016年03月25日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

総務部:市民税課

電話番号:0465-33-1351


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.