小田原市

水道用語辞典

出典 水道用語辞典

カ行

語句

意味

給水管

給水装置及び給水装置より下流の受水槽以下の給水設備を含めた水道用の管。水道事業者の管理に属する配水管と区別した呼び名である。

給水義務

水道事業者は、給水区域内の需要者から給水契約の申込みを受けたときは、正当な理由がなければこれを拒んではいけない。また、当該水道により給水を受ける者に対し、正当な理由によりやむをえない場合を除き、常時水を供給しなければならないとされている。これは水道事業が地域的独占事業として認可されていることから、水需要者の保護を目的に水道事業者の義務として規定されているものである。

給水区域

当該水道事業者が厚生大臣の認可を受け、一般の需要に応じて給水を行うこととした区域をいう。水道事業者はこの区域内において給水義務を負う。

給水人口

給水区域内に居住し、水道により給水を受けている人口をいう。給水区域外からの通勤者や観光客は給水人口に含まれない。
水道法に規定する給水人口は、事業計画において定める給水人口(計画給水人口)をいう。

給水装置

水道法では、「需要者に水を供給するために水道事業者の布設した配水管から分岐して設けられた給水管及びこれに直結する給水器具をいう」と定義されている。直結給水用具とは、給水管に容易に取り外しのできない構造として接続され、有圧のまま給水できる給水栓などの器具類をいう。

原水

浄水処理する前の水。水道原水には大別して地表水と地下水があり、地表水には河川水、湖沼水、貯水池水が、地下水には、伏流水や井水などがある。

高度浄水処理

通常の浄水処理では、十分に対応できない臭気物質、トリハロメタン前駆物質、色度、アンモニア性窒素、陰イオン界面活性剤などの処理を目的として、通常の浄水処理に追加して導入する処理をいう。代表的な高度浄水処理の方法としては、オゾン処理、活性炭処理、生物処理及びトリッピングがあり、処理対象物質などによってこれらの処理方法が単独またはいくつかの組み合わせで用いられる。

サ行

語句

意味

取水

地表水、河川水、湖沼水及びダム水、地下水から適切な取水施設を使い、原水を取り入れること。

受水

当該水道事業体の原水の不足などのために、水道用水供給事業から浄水を受けること。

浄水

河川、湖沼、地下水などから取水した原水は、種々の物質、生物、細菌などが含まれているので、そのままでは飲用に適さない。これらの水中に含まれている物質などを取り除き、飲料用に供するための適切な処理を行い、水道法に定められた水質基準に適合させる操作をいう。また、このような操作を受けた水も浄水という。

水道

導管及びその他の工作物により、水を人の飲用に適する水として供給する施設の総体をいう。ただし、臨時に布設されたものを除く。工業用水道や下水道と区別し、上水道といわれることがある。

水道事業

一般の需要に応じて、計画給水人口が100人を超える水道により水を供給する事業をいう。計画給水人口が5,000人以下である水道により水を供給する規模の小さい水道事業は、簡易水道事業として特例が設けられている。計画給水人口が5,000人を超える水道によるものは、慣用的に上水道事業と呼ばれて いる。

送水施設

浄水場から配水池までに浄水を送る施設をいい、調整池、送水ポンプ、送水管、送水トンネル及びその付帯施設である。

タ行

語句

意味

地方公営企業

地方公共団体が住民の福祉を増進するために経営する企業。地方公営企業法では、水道事業(簡易水道事業を除く)、鉱業用水道事業、軌道事業、自動車運送事業、鉄道事業、電気事業、ガス事業の7事業を地方公営企業とし、同法の全部適用事業(法定事業)としている。なお、水道事業には水道用水供給事業を含み、簡易水道事業及び下水道事業は除かれる。地方公営企業法は住民福祉の増進(公共性)と独立採算の原則の下、経済性の発揮を経営の基本原則としている。

沈殿池

水よりも重い粒子は、静水中やきわめて静かな流れの中では沈降して水と分離する。この原理を利用して原水を静かに流れる広い池に流入させて原水中の粒子(懸濁物)を分離する池。

導水施設

水道施設のうち、取水施設を経た水を浄水場まで導く施設で、主要なものは、導水路(導水渠、導水管)、導水ポンプ、原水調整池などである。

独立採算制

地方公営企業の活動は、財貨またはサービスを供給し、その対価として料金を徴収する。それによりまた新たな財貨またはサービスを再生産し、企業活動を継続していく。この意味において、地方公営企業は、独立採算の原則に支配されるものである。

しかしながら、地方公営企業の独立採算は、企業活動に要するすべての費用について独立採算及び受益者負担を貫くものではなく、地方公共団体の営む事業とし て、一般行政事務的な活動を行うような場合については、一般会計において負担すべきものとし、それ以外について独立採算制の下に処理するものである。

ハ行

語句

意味

配水池

給水区域の需要量に応じて適切な配水を行うために、浄水を一時貯える池。

ラ行

語句

意味

ろ過池

粒上物を充填した層中に水を浸透させて懸濁物を除去する池。

最終更新日:2012年04月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

水道局:営業課(小田原市高田401)

電話番号:0465-41-1202


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.