災害に備えて(水道施設・管路の耐震化の取り組み)

 本市の水道施設は、昭和11年に給水を開始して以来、給水区域の拡張、給水人口・給水量の増加、簡易水道の統合などにより拡張事業を継続的に実施してきましたが、施工当時の耐震基準により築造された施設や、布設後相当な年数が経過した管路が多く現存しています。
 近年、切迫性の高い大規模地震が複数あげられており、これらの地震が発生した際の応急給水拠点となる浄水・配水施設や、お客様へ水道水を供給する管路の耐震化を早期に図ることがとても重要となります。

 本市の浄⽔施設及び配⽔池の耐震化率は13.0%、48.3%と、県内及び全国の事業体と比較して低い水準です。
 また、本市が管理する管路約761kmのうち、国の耐震基準を満たしている管路は約209kmで、耐震化率は27.5%です。県内及び全国の事業体との比較では上回っていますが、まだまだ耐震化が進んでいるとは言い難い状況です。
水道施設の耐震化状況

水道施設の耐震化状況

 水道施設の耐震化については、本市水道事業の運営に関する方向性及び施策推進の基本的な考えを示す「おだわら水道ビジョン」を平成27年3月に改訂し、その中で定めた今後10年間の事業化計画に基づき、主要な施設の更新・耐震化に取り組んでいるところです。

施設の耐震化

中河原配水池

 本市で管理している配水施設のうち、中河原配水池は、給水区域の約6割に水道水を供給している重要な配水施設です。
 配水池の容量については、災害などの非常時に備えて一定量を確保しておくことが必要であり、計画上必要な配水池容量を確保するため、既存の2池(容量=10,000m3×2池)に加え、新たに3 号配水池(容量=6,000m3)の増設を行いました。(平成29年3月より運用中)
 また、既存の配水池のうち、耐震補強が必要な1 号配水池については、杭の増設による外部補強を実施したほか、平成30年度より、内部の耐震補強工事を実施しており、平成31年の事業完了を予定しています。
 

中河原3号配水池躯体新設工事の施工状況(一番手前。写真奥より、既存1号配水池、2号配水池)

基礎工施工状況

基礎工施工状況

底版施工状況

底版施工状況


屋根施工状況

屋根施工状況

3号配水池完成

3号配水池完成


バルブ更新状況

バルブ更新状況

配水池敷地内配管施工状況

配水池敷地内配管施工状況


管路の耐震化

 本市の給水区域には、水道管(導水管、送水管、配水管)が約761kmあり、このうち取水施設等から浄水場へ原水を送る「導水管」についての耐震化は概ね完了しています。
 現在は、浄水場で浄水処理された水を配水池へ送る「送水管」及び、配水池から広域避難所や災害拠点病院へつながる「配水管」について、優先度の高い管路から計画的に耐震管への入替を行っており、今後も引き続き実施していきます。
水道管耐震継手(イメージ)

水道管耐震継手(イメージ)

※地震による揺れに対して水道管の継手部が伸縮+屈曲し、離脱を防ぐとともに、ロックリングと挿し口突部のかかり合わせで、水道管をつなぐ継ぎ手部分の離脱を防ぐ。
耐震継手の柔軟性検証(クボタ提供写真)

耐震継手の柔軟性検証(クボタ提供写真)


老朽管更新事業について

広域避難所や災害拠点病院へつながる、優先度の高い配水管については、平成25年度から「老朽管更新事業」として約45kmを選定し順次、事業実施しています。
今後も、周辺住民や周辺交通への影響等を最小限に抑えながら、現時点では平成50年の事業完了を目指して、事業を推進していきます。
耐震管の布設状況

耐震管の布設状況

耐震継手の接合状況

耐震継手の接合状況


最終更新日:2018年10月11日


この情報に関するお問い合わせ先

水道局:工務課(小田原市高田401)

電話番号:0465-41-1222


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.