小田原市

水道管の調査を装った勧誘や訪問販売の斡旋などにご注意ください

最近、水道局の職員を装ったり、「水道局から依頼された。」などと偽ったりして業者が突然訪れ、水道管の調査を行うと言って敷地内に入ったり、「床下や台所の下の状況を確認する」と、家の中まで入ろうとする(または、強引に入ってくる)などの事象が発生しており、水道局への問合せが多く寄せられています。

水道局では、お客様からのご依頼や了承のない限り、敷地内に入っての調査は行っていません。

また、水道局が調査を委託する場合には、委託業者に対し、水道局が発行した「身分証明書」を携帯し、水道局の「腕章」をつけています。
不審に思われることがありましたら、身分証明書を見せてもらうか、その場で小田原市水道局(0465-41-1235)へお問い合わせください。

その他、相手が不審な態度を取ったときは、すぐに警察へ連絡してください。

小田原市水道局へ実際に問い合わせのあった事例

事例1

・首からネームプレートを下げた人が、「付近の水道管工事をするにあたって、室内の床下の配管を見たい」と言って、家の中に入ってきた。見終わると、後日また来ると言って帰って行った。

事例2

・建築業界の者と名乗り、「最近、水道管の劣化による漏水が増えてるため、水道管の調査をさせてほしい」と訪問してきた。「水道局から頼まれているのか?」と尋ねたら、「関係ない」と言って帰って行った。

事例3

・グリーンの上下作業服を着た業者が、「漏水調査をします」と言って、台所の床下などを見ていった。安易に家の中に入れてしまい、調査が終わると書類を書かされてしまった。後日また来ると言ってその場は帰って行ったが、後から不安になり、水道局に問い合わせをした。

事例4

・突然訪ねてきて、「家の中で漏水しているので点検した方が良い」と言って、敷地内に入ってきた。「必要はない」と言って断ったら、態度を急変させ、暴言を吐いて帰って行った。

他市では、こんな事例も・・・

 他市では、高額な浄水器を斡旋したり、給水管の工事を強要したり、調査に乗じて金品類を盗んだりするなどの被害も発生しているようなので、ご注意ください。
 工事や商品の購入などで勧誘されても安易に了解せず、本当に必要かどうか、契約内容や金額などよく確認し、納得できない契約は毅然とした態度で断りましょう。また、代金を支払ってしまった場合でも、訪問販売の場合はクーリング・オフの制度があります。契約書面を受け取った日から8日間は無条件で契約を解除し、支払った代金の返金の請求ができます。

困ったときは消費生活センターにご相談ください。

小田原市消費生活センター

相談時間

午前9時30分~正午まで、午後1時00分~4時00分まで(月~金曜日)
※土・日曜日、祝日・年末年始は休み

電話番号

0465-33-1777

最終更新日:2015年12月04日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

水道局:給水課(小田原市高田401) 維持係

電話番号:0465-41-1235


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.