障がい者への合理的配慮の提供を支援するための助成制度

小田原市では、障がいのある人もない人も住み慣れた地域で安心して生き生きと暮らせるまちづくりを推進するため、商業者や地域の団体等が障がいのある人に必要な合理的配慮を提供するための費用を助成します。

1 助成を受けることのできる方

  小田原市内に事務所・事業所等を持つ次の方
   ・商業者などの民間事業者
   ・自治会、その他市長が必要と認める団体

2 助成の対象となるもの

  ・物品等の購入 : 助成上限額 10万円
            例 : 筆談ボード 折り畳み式スロープ 車いす対応カウンター など
  ・工事の施工  : 助成上限額 20万円
            例 : スロープ、手すりなどの設置 段差の解消工事 など

  ※ 予算の範囲内で助成します。申請の状況により助成額を調整する場合があります。

3 申請受付期間 ※受付期間を延長しました。

   令和元年(2019年)6月10日(月) から 令和2年2月28日(金) まで

4 助成金を受けるまでの流れ

  (1) 相談・申請 : 実施したい合理的配慮の内容について市に相談の上、申請書を提出します。

交付申請書(両面印刷にしてください)  エクセル形式 :27.2KB


工事計画書(工事の場合のみ)  エクセル形式 :12.2KB


  (2) 市が申請内容や添付書類を確認の上、助成を決定し、通知します。
  (3) 申請した物品の購入・工事の施工を行います。
  (4) 物品の購入・工事の施工が完了したら、市に報告します。

実績報告書  エクセル形式 :22.3KB


  (5) 市は、実施内容を確認の上、助成額を決定し、通知します。
  (6) 市に助成金を請求し、助成金を受領します。
      市から助成金を物品販売業者・工事施工業者へ支払うことを希望する場合は「代理受領に係る委任状
     兼請求書」を提出します。

請求書(通常版)  エクセル形式 :15.5KB


代理受領に係る委任状兼請求書  エクセル形式 :16.5KB


5 その他 

チラシ(合理的配慮)  PDF形式 :200.1KB


最終更新日:2019年06月11日


この情報に関するお問い合わせ先

福祉健康部:障がい福祉課 障がい福祉係

電話番号:0465-33-1446
FAX番号:0465-33-1317


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) Odawara City, All Rights Reserved.