小田原市

脳血管疾患予防講演会

本市は、脳血管疾患死亡率が県内19市中ワースト2※であり、過去17年の間、ワースト1が10回となっており、県や国と比べ死亡率が高い状況が続いています。
このため、本市の健康増進計画において、脳血管疾患予防を重点的に取り組むプロジェクトの一つに位置づけ、平成24年度から取り組みを推進しています。

※ 平成27年神奈川県衛生統計年報より

脳血管疾患とは

脳血管疾患とは、脳の動脈に異常が起きることが原因で起こる病気の総称です。
脳血管疾患にはいろいろな種類がありますが、最もよく知られているのが脳卒中です。
脳卒中は、脳の血管が狭くなったり、詰まったりして起こる「脳梗塞」や「一過性脳虚血発作」などの虚血性脳卒中と、脳の血管が破れる「脳出血」や「くも膜下出血」などの出血性脳卒中に分けられます。
このうち、本市では、脳血管疾患で亡くなるかたの6割以上が「脳梗塞」で亡くなっているという特徴があります。

講演会「高血圧予防は食事から」

日  時 平成30年2月18日(日)
午後1時30分~午後3時30分(受付:午後1時~)
場  所 小田原お堀端コンベンションホール
(小田原市栄町1-14-48 ジャンボーナックビル5階)
総合司会 高見澤 徹さん(小田原医師会)
講  師 オープニング 小澤 優樹さん(小田原医師会)
特 別 講 演  日下 美穂さん(日下医院院長)
クロージング 武井 和夫さん(小田原医師会)
定  員 先着300人
申  込 1月4日(木)から、健康づくり課に電話(0465-47-0820)で

脳血管疾患予防講演会案内  PDF形式 :1.2MB

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


講師紹介

日下 美穂(くさか みほ)さん

獨協医科大学大学院修了。医学博士。
呉、広島の地域で多くの飲食店の協力のもと、減塩で低カロリーの美味しい料理を提供する「こだわりのヘルシーグルメダイエットレストランin呉&広島」プロジェクトを企画し、活躍中。
2010年 日本高血圧学会 学会賞受賞
2012年 「減塩サミットin呉2012」代表
2014年 「減塩サミットin広島2014」実行委員長

美味しい適塩メニューあります

料理のプロが考えた減塩でも美味しい適塩メニューのレシピを紹介します。
適塩メニューの試飲・試食コーナーもありますので、講演を聞いたあと、ぜひお立ち寄りください。

最終更新日:2018年01月04日


この情報に関するお問い合わせ先

福祉健康部:健康づくり課(保健センター) 成人保健係

電話番号:0465-47-0820


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.