小田原市

感染性胃腸炎にご注意!

神奈川県小田原保健福祉事務所からノロウイルスによる食中毒の警戒情報が発令されました。
感染を予防するためには、手洗いが大切です。
外出後やトイレのあと、食事前などはていねいに手を洗いましょう。
また、調理する人からの感染も増えています。
胃腸炎の症状のあるかたは、調理を控えましょう。
調理器具等からの感染拡大もありますので、調理器具や食器は十分に洗浄・消毒を行いましょう。

感染性胃腸炎の症状

  • 感染してから発症するまでの潜伏期間は24~48時間です
  • 吐き気、おう吐、下痢、腹痛、微熱が1~2日続きます
    感染しても症状のない場合や、軽い風邪のような症状のこともあります
  • 乳幼児や高齢者は、おう吐物を吸い込むことによる肺炎や窒息にも注意が必要です

感染性胃腸炎の治療法

  • 感染性胃腸炎に有効な特効薬はありません
    症状が持続する期間は短いので、対症療法が一般的です
  • 下痢やおう吐が続くと脱水になる可能性がありますので、できる限り水分の補給を行うことが大切です
    吐き気がひどく水分が摂れない場合は、医療機関を受診しましょう

感染性胃腸炎の感染経路

  • ウイルスなどがついた手や食べ物によって感染します
  • 患者の糞便やおう吐物などの飛沫(しぶき)や処理の際に手指を介して感染します
    消毒等の適切な処理をしなかった場合、乾燥したウイルスが空気中に拡散して感染する場合もあります
  • 患者が触れたドアノブなどの接触においても感染します

感染を防ぐために

  • 外出後やトイレのあと、食事前などは、必ず泡立ちの良い石鹸を用いて、よく手を洗いましょう
    アルコールによる手指消毒は、感染性胃腸炎の予防にはなりません
  • 調理器具等は十分に洗浄・消毒を行いましょう
  • 抵抗力を高めるため、日ごろから十分に休養をとり、バランスのとれた食事を心がけましょう
  • 患者の糞便やおう吐物の処理を行った後は、必ず消毒を行いましょう
【消毒方法】
調理器具 洗剤などで十分に洗浄したあと、次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度200ppm)で浸すようにペーパータオルなどで拭く(加熱できるものについては熱湯消毒(85℃で1分以上)が有効)
ドアノブ・カーテン・リネン類・日用品 次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度200~500ppm)で浸すようにペーパータオル等で拭く
カーペット等塩素で脱色の恐れがあるものについてはスチームアイロン(高温2分以上)で加熱消毒する
トイレ・浴槽 次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度300ppm以上)で浸すようにペーパータオル等で拭く
おう吐物・糞便による汚染場所 おう吐物等は、ウイルスが飛び散らないようにペーパータオル等で静かに拭き取り、ビニール袋に密閉して廃棄する(この際、ビニール袋に廃棄物が十分に浸る量の次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度1000ppm)を入れることが望ましい)
床等の汚染場所は、次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度200ppm)で浸すようにペーパータオル等で覆うか拭き取り、その後水拭きする
おう吐物等が付着したリネン及び下着類 廃棄するのが望ましいが、煮沸消毒も有効(しぶきを吸い込まないなど二次感染への注意が必要)
煮沸消毒が行えない場合には、洗濯洗剤を入れた水の中でウイルスが飛び散らないよう静かにもみ洗いし、有機物を取り除いた後、次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度200ppm)で消毒する(もみ洗いした石けん液は次亜塩素酸ナトリウム(塩素濃度1000ppm以上)を加えて10分以上置いたのち捨てる)
布団などすぐに選択できない場合は、屋外で日光に当ててよく乾燥させ、スチームアイロン(高温2分以上)で加熱消毒する
  • 作業時は、必ずガウン(エプロン)、マスクと手袋を着用し、換気を十分に行いましょう
  • 使用後のマスクや手袋、ペーパータオル等はビニール袋に入れて捨てましょう
  • 次亜塩素酸ナトリウム消毒液の作り方(500mlのペットボトル1本分)
    【市販の漂白剤(塩素濃度約5%)と500mlのペットボトルを準備】
    1000ppmの消毒液:ペットボトルのキャップ2杯(約10ml)の漂白剤原液をペットボトル1杯(500ml)の水で希釈
    200ppmの消毒液:ペットボトルのキャップ半分弱(約2ml)の漂白剤原液をペットボトル1杯(500ml)の水で希釈
    なお、塩素系の漂白剤(商品名:ハイター、ブリーチ等)でなければ効果的な消毒はできません
    消毒液であることが分かるようはっきり表示し、小さなお子さん等が誤って飲まないよう注意してください
  • 塩素は皮膚に対する刺激が強いため、手指の消毒など人に対しては使用しないでください
    消毒等で使用するときは、消毒液が直接皮膚に触れないよう手袋を使用してください
  • 漂白剤を使用する際は、使用方法を守り、塩素系のものと酸素系のものを混ぜたり、熱湯で使わない(消毒効果が低下します)ようにしましょう
  • 塩素は金属に対して腐食性があるため原則使用しませんが、使用した場合はしっかりと水で洗い流すか拭き取ってください
  • 薄めた消毒液は時間が経つにつれて効果がなくなりますので、使うときに原液を希釈して必要な量だけ作り、作り置きをしないでください

最終更新日:2017年12月13日


この情報に関するお問い合わせ先

福祉健康部:健康づくり課(保健センター) 成人保健係

電話番号:0465-47-0820


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.