小田原市

【平成28年度】高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種について

肺炎球菌と予防接種の目的

日本人の死亡原因の第3位は肺炎であり、肺炎で亡くなる方の多くは高齢者が占めています。肺炎を引き起こす病原菌は何十種類もいますが、「肺炎球菌」による肺炎が最も多くなっています。

そのため、この肺炎球菌による肺炎の発症予防を目的として、平成26年10月1日から予防接種法に基づく定期接種になりました。

  • 定期接種とは、国が予防接種の必要があると認め、政令で定めた疾病に対して期日又は期間を指定して行われるもののことをいいます。

対象者・注意事項等

対象者

  1. 今年度、65歳・70歳・75歳・80歳・85歳・90歳・95歳・100歳となる方
     ●65歳となる方:昭和26年4月2日生~昭和27年4月1日生
     ●70歳となる方:昭和21年4月2日生~昭和22年4月1日生
     ●70歳となる方:昭和16年4月2日生~昭和17年4月1日生
     ●75歳となる方:昭和26年4月2日生~昭和27年4月1日生
     ●80歳となる方:昭和11年4月2日生~昭和12年4月1日生
     ●85歳となる方:昭和 6年4月2日生~昭和 7年4月1日生
     ●90歳となる方:大正15年4月2日生~昭和2年4月1日生
     ●95歳となる方:大正10年4月2日生~大正11年4月1日生
     ●100歳となる方:大正5年4月2日生~大正6年4月1日生
  2. 60歳以上65歳未満の方で心臓やじん臓、呼吸器などに重い障がいがある方(身体障害者手帳1級程度の方)
  • 上記対象者1・2のうち、今までに高齢者肺炎球菌ワクチンの予防接種を受けたことがない方
    (今までに高齢者肺炎球菌ワクチンの予防接種を受けたことがある方は、接種をすると任意接種扱い(全額自己負担)となります)

接種期間

平成29年3月31日まで

※現在、定期接種制度の対象となる機会は、お一人1回です。定期接種の対象年度を過ぎてしまった場合、医師との相談のうえ接種は可能ですが、任意接種(全額自己負担)となります。

接種回数

1回

自己負担金(医療機関で支払う金額)

3,000円

  • 市民税非課税世帯、生活保護世帯、中国残留邦人の方は接種費用が免除になりますので、接種の2週間前までに市へ申請をしてください。なお、申請をせずに接種費用を支払われた場合、市から返金することはできません。

予約の有無

取扱い医療機関にご確認ください。

取扱い医療機関

取扱い予定の医療機関は次のとおりです。 

取扱い医療機関一覧  PDF形式 :39.5KB


その他

  • 接種を受けるときは、医療機関に、健康保険証など住所・年齢がわかるもの、対象1の方は桃色の接種券(4月上旬に送付)、対象2の方は身体障害者手帳をお持ちください。
  • 接種券をお持ちでない場合は、原則接種は出来ません。上記対象者に当てはまる方で、接種券を紛失された場合、年度途中に他市区町村から転入して接種券をお持ちでない場合は、健康づくり課までお問い合わせください。
  • 昨年度送付された緑色の接種券は使用できません。
  • きわめて稀ですが、重篤な健康被害の発生も報告されています。被害を防ぐために、健康状態の良い時に接種するようにしましょう。また、接種前に医師による十分な健康状態のチェックを受けましょう。(関連情報リンク「予防接種を受けたあとに」参照)。

厚生労働省の予防接種ホームページ

関連情報リンク

最終更新日:2016年08月17日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

福祉健康部:健康づくり課(保健センター)

電話番号:0465-47-0820


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.