小田原市

住民登録をしている市町村以外で予防接種を受ける方へ

小田原市に住民登録をしている方が、小田原市以外で定期の予防接種を受ける場合

予防接種は住民票のある市町村で受けるのが原則ですが、里帰り出産やかかりつけ医が他市町村にある等の理由で、小田原市外で接種を希望される場合があります。その場合は、小田原市が発行する「定期予防接種実施依頼書」が必要となります。なお、その場合の接種費用は原則全額自己負担になります。
  • 小田原市の近隣市町村(主に箱根町・真鶴町・湯河原町・南足柄市・中井町・大井町・松田町・山北町・開成町・大磯町・二宮町)の医療機関の一部では、小田原市内での接種と同等(依頼書が不要・乳幼児の予防接種は自己負担なし)の取り扱いができる医療機関もございます。その場合は、依頼書等は不要です。

手続き前に、担当までご連絡くださるようお願いします。

定期予防接種実施依頼書発行の申請は、保健センターで受け付けています

依頼をして接種した定期の予防接種について健康被害が生じた場合、小田原市が救済の責任を負うことになります。そのことを相手の医療機関(あるいは自治体)に伝え、予防接種の実施を依頼する書類が「予防接種実施依頼書」になります。 

接種を希望する医療機関のある自治体の予防接種担当課に、次の4点をご確認ください。

  • 小田原市に住民票がある者でも、その自治体内で定期予防接種が可能か
  • 接種費用は、有料か無料か
  • 依頼書の宛先は、市区町村長宛か医療機関宛か
  • 依頼書を取得してから接種までの流れ
申請から発行まで一週間程度を要しますので、余裕をもって申請してください。
申請受付は、原則として保健センター窓口での直接対応となりますのでご了承ください。

接種費用

他市町村で定期の予防接種を受ける場合、費用は原則全額接種者負担になります。(ただし、依頼先の市町村において接種費用がかからない場合や小田原市の近隣の一部の医療機関(上記の※)では、個人負担はありません。)

接種の際・接種後

  • 依頼書は、予防接種を受けるときに医療機関(あるいは自治体)に提出してください。
  • 乳幼児の予防接種の際は、必ず母子健康手帳をお持ちください。お持ちでないと、依頼書があっても接種できない場合があります。
  • 接種の際、医療機関から「予診票の写し」を受け取り、後日、小田原市に提出してください。

小田原市以外に住民登録をしている方が、小田原市で定期の予防接種を受ける場合

住民登録をしている市町村から「予防接種実施依頼書」を発行してもらい、接種する医療機関に提出してください。予防接種実施依頼書の発行、費用負担、接種までの流れ等については、現在住民登録をしている自治体の予防接種担当窓口でご確認ください。また、接種する医療機関での取り扱い方法等についても事前にご確認ください。
  • 小田原市の近隣市町(主に箱根町・真鶴町・湯河原町・南足柄市・中井町・大井町・松田町・山北町・開成町・大磯町・二宮町)にお住いの方は、小田原市内で接種する場合は、上記手続きが不要の場合がございますので、お住いの市町にお問い合わせください。

接種費用等

  • 接種は可能ですが、接種費用は有料です。
  • 依頼書の宛先は、医療機関宛となります。
  • 住民票のある自治体に相談 → 接種予定の医療機関に相談 → 依頼書を取得 → 接種 → 住民票のある自治体に予診票の写しを提出(→ 住民票のある自治体に償還払(払い戻し)制度がある場合は、申請手続き)が、一般的な流れとなります。
  • 上記の取り扱いが異なる場合もありますので、詳細は住民票のある自治体にご確認ください。

最終更新日:2016年03月02日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

福祉健康部:健康づくり課(保健センター) 保健医療係

電話番号:0465-47-0820


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.