小田原市

平成28年10月1日から B型肝炎ワクチンが定期予防接種となります

平成28年10月1日から、B型肝炎ワクチンが予防接種法に基づく定期予防接種となります。

B型肝炎は、B型肝炎ウイルスの感染により起こる肝臓の病気です。B型肝炎ウイルスに感染すると、一過性の感染で終わる場合と、そのまま感染している状態が続いてしまう場合(この状態をキャリアといいます)があります。キャリアになると慢性肝炎になることがあり、肝硬変や肝がんなど命に関わる病気を引き起こすこともあります。

B型肝炎ウイルスに対する免疫をつけるため、予防接種を受けましょう。

定期接種の対象者と接種回数など

対象

小田原市に住民登録のある、平成28年4月1日以降に生まれた0歳児

  • 接種日において0歳児、すなわち満1歳になる誕生日の前日までが対象となり、1歳の誕生日を迎えた日以降は、定期接種の対象外となります。
  • 母子感染予防のために、抗HBs人免疫グロブリンと併用してB型肝炎ワクチンの接種を受ける場合は、健康保険が適用されるため、定期接種の対象外となります。

接種方法

1歳になる前に、3回接種します。
標準的な接種期間は、生後2か月から生後9か月になるまでの期間です。
接種間隔は、1回目接種後27日以上の間隔をおいて2回目、1回目の接種から139日以上の間隔をおいて3回目を接種します。なお、2回目と3回目の間は6日以上空けます。

【 注意 】
  • 1回目の接種から3回目の接種を終えるまでには、おおよそ半年間かかります。
    特に、平成28年4月、5月生まれで、過去に任意で接種を受けたことがなく、平成28年10月の定期接種開始以降初めてB型肝炎ワクチンを受けるかたは、接種スケジュールの管理が重要となります。お早めに医師とよくご相談ください。
  • 過去に任意で接種を受けたかたは、すでに接種した回数分の接種を受けたものとみなし、1歳に至るまでに残りの回数分を定期接種として受けることができます。

実施場所

取扱医療機関での個別接種となります。
以下の添付ファイルをご参照ください。

※接種にあたっては、予約が必要な場合がありますので、ご希望の取扱医療機関にご確認ください。

接種費用

定期接種費用は、市が全額負担します。
ただし、対象外のかたが接種を受けた場合や規定の回数以上接種を受けた場合などは、任意接種となるため、接種を受けたかたの全額負担となります。
なお、この制度が始まる前に、任意でB型肝炎ワクチンの接種を受けたかたに対して、既に支払った接種費用を市から返金する制度はありません。

ワクチン接種の当日はここをチェック

お子さんの体調は良いか、発熱や普段と変わったところはないかを確認しましょう。心配なことがあるときは、医師に相談しましょう。
また、母子健康手帳は予防接種を受けたことを示す大事な記録となります。必ず医療機関に持って行き、大切に保管しましょう。

持ち物

母子健康手帳、健康保険証など

ワクチン接種後の注意

  • 接種後30分は、すぐに医師と連絡が取れるようにしておきましょう。
    (この間に急な体調の変化が起こることがあります)
  • 接種部位は清潔に保ちましょう。当日の入浴は可能ですが、接種した箇所をこすらないでください。
  • 接種当日は、激しい運動は避けてください。普段どおり、ゆったりと過ごしましょう。

接種後に起こるかもしれない体の変化

接種箇所が赤くなったり、腫れたり、しこりができたり、痛みを感じたりすることがあります。注射したところだけでなく、熱が出たり、刺激に反応しやすくなったりすることがあります。いつもより機嫌が悪かったり、ぐずったり、眠そうにしたりすることがあります。極めてまれに、アナフィラキシー、急性散在性脳脊髄炎などの重い病気にかかることがあるといわれています。予防接種を受けた後、気になる症状や体調の変化が現れたら、医師にすぐ相談してください。
  • アナフィラキシー
    急激なアレルギー反応により、じんましんがでたり、呼吸が苦しくなったりすることがあります。

  • 急性散在性脳脊髄炎
    自己免疫(免疫力が強すぎて自分自身の体を攻撃してしまう)という現象で起こる脳や脊髄の病気です。
    発熱、嘔吐(おうと)、意識がはっきりしない、手足が動きにくいなどの症状がみられます。

予防接種による健康被害救済について

万が一、定期予防接種で副反応が現れ、医療機関での治療が必要になったり、生活が不自由になったりするなどの健康被害が現れたときは、法律に定められた救済制度(健康被害救済制度)があります。(制度を利用するには、一定の条件があります)

最終更新日:2016年10月03日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

福祉健康部:健康づくり課(保健センター) 保健医療係

電話番号:0465-47-0820


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.