小田原市

熱中症予防について

これから夏に向けて熱中症になる人が増えてきますが、熱中症はしっかり予防すれば防ぐことができます。

熱中症とは

熱中症とは、高温の環境下で体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調節機能がうまく働かないことによって起こります。

どんな時になりやすいか

高温、多湿、風が弱い、熱を発生するものがあるなどの環境では、体内に熱がこもり、汗の蒸発も不十分になるため、熱中症になりやすくなると言われています。そのため、家の中でじっとしていても熱中症になる方が多くいます。

特に、梅雨明けの蒸し暑い日など、からだが暑さに慣れていない時に起こりやすいので、気温や湿度が高い時は熱中症に注意する必要があります。

また、運動をしたり活動をすることで体温が上昇し、熱中症になりやすくなります。激しい運動では短時間で、気温もそれ程高くない場合でも熱中症が発生しています。 

どんな症状か

症状が軽いときは:めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、からだのだるさ、汗が止まらない                

重症化してくると:頭痛、吐き気、嘔吐、高い体温、けいれん、意識障害(返事がおかしい、呼びかけに反応がない) 

このような症状は危険信号です。

熱中症の予防方法

熱中症を引き起こす要因として環境からだ行動の3つがあるのでそれらに気を付けて過ごすことが大切です。

(1)環境

  • 暑さを避け、炎天下や高温多湿の場での無理な運動や作業は控えましょう
  • 急に暑くなる日には注意しましょう
  • 通気性の良い、吸湿・速乾の衣類を着用しましょう
  • 体調が良くないときは、無理をせず、からだを休め、医療機関に相談しましょう
  • 室温は28度を目安に、すだれやカーテンなどで直射日光を防ぎ、風通しを良くしたり、適宜エアコンを使いましょう

(2)からだ

  • のどが渇いてからではなく、定期的に水分と適度な塩分を補給しましょう
  • 汗をかいた後やのどが渇いた時のアルコール摂取は、水分を更に排出するので避けましょう
  • 寝ている間にも熱中症になる可能性があるので、就寝前や起床時にも水分を摂るよう心がけましょう。また、朝ごはんをしっかり食べることで水分や塩分を補給することが出来ます

(3)行動

  • 屋外では日陰を選んで歩き、日傘をさしたり帽子をかぶるようにしましょう
  • こまめな休息をとり、長時間太陽の下にいることは避けましょう。

もし熱中症になってしまったら

涼しい環境への避難

風通しの良い日陰や、エアコンが効いている部屋へ移動しましょう。

脱衣と冷却

衣服を緩めたり、脱いで風通しを良くします。うちわや扇風機などで扇ぐことにより身体を冷やします。
脇の下、太ももの付け根を冷やすことも、血液を冷やせるため有効です。

水分・塩分の補給

自分で水分補給ができない場合は、点滴で補う必要があるため、緊急で医療機関へ搬送することが最優先の対処法です。

医療機関へ運ぶ

自分で水分補給できる場合は、塩分を含んだ冷たい水分を飲みましょう。

最終更新日:2017年05月25日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

福祉健康部:健康づくり課(保健センター) 成人保健係

電話番号:0465-47-0820


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.