小田原市

高病原性鳥インフルエンザについて

高病原性鳥インフルエンザが全国各地で検出されています。

現在のところ、高病原性鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥との濃密な接触など特別な場合を除いて、通常では人に感染しないと考えられています。また、鶏卵や鶏肉を食べても、鳥インフルエンザが人に感染することは世界的にも報告されていません。

野鳥との接し方について(環境省資料)

  1. 死亡した野鳥など野生動物は、素手で触れないで下さい。
  2. 日常生活において、野鳥など野生動物の排泄物等に触れた後は、手洗いとうがいをすれば、過度に心配する必要はありません。
  3. 野鳥の糞が、靴の裏や車両に付くことにより、鳥インフルエンザウイルスが他の地域へ運ばれる可能性がありますので、野鳥に近づきすぎないようにしてください。特に、靴で糞を踏まないよう十分注意して、必要に応じて消毒を行ってください。
  4. 不必要に野鳥を追い立てたり、捕まえようとするのは避けてください。

鳥を飼育されているかたへ

インフルエンザが発生したからといって、直ちに家庭等で飼育している鳥が感染するということはありません。清潔な状態で飼育し、ウイルスを運んでくる可能 性がある野鳥が来ても小屋へ入ってこられないようにし、鳥の排泄物等に触れた後は、手洗いとうがいをすれば、過度に心配する必要はありません。 飼育中の鳥を野山に放したり、処分するようなことはせず、責任を持って冷静に対応してください。

鳥インフルエンザウイルスは、野鳥観察など通常の接し方では、人に感染しないと考えられています。正しい情報に基づいた、冷静な行動をお願いいたします。

*野鳥が多数死んでいるのを見つけた場合は、下記のどちらかに御連絡下さい。


  <西湘地域県政総合センター環境課 合同庁舎内>
    電話:0465−32−8000(代)


  <小田原市役所環境保護課>
    電話:0465−33−1481
 
*家で飼育されている鶏などが多数死んだ場合は下記まで御連絡下さい。


  <湘南家畜保健衛生所>
    電話:0463−58−0152

その他、鳥インフルエンザに関する情報は、以下をクリックしてください。

最終更新日:2012年04月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

福祉健康部:健康づくり課(保健センター)

電話番号:0465-47-0820


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.