小田原市

プロダクティブ・エイジングの取組

プロダクティブ・エイジングとは

市では、シニアになっても元気に活動を続け地域の元気・活力につながるような生き方をしていただくとともに、シニアが持っている豊富な人生経験と知識、幅広い人間関係と深い洞察力を活かして地域課題を解決し次世代により豊かな社会を残すため、「生産的・創造的な活動をしながら歳をとる」という意味でプロダクティブ・エイジングを推進していきます。 

具体的な取組

今後の高齢化の進展を踏まえ、シニア世代の更なる活躍の場・いきがいづくりの場の創出のために、プロダクティブ・エイジングの具体的な取組として、「プラットフォーム」となる「シニアバンク」の立ち上げ・「セカンドライフ応援セミナー」の開催について進めていきます。

空き家バンク・フロー

最終更新日:2016年08月24日

このエントリーをはてなブックマークに追加 twitterで共有

この情報に関するお問い合わせ先

企画部:企画政策課 政策調整係

電話番号:0465-33-1379


小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)

Copyright (C) City of Odawara, All Rights Reserved.