お問い合わせ 0465-34-3175 〒250-8558 神奈川県小田原市久野46番地

最終更新日:2013年11月14日


開放型病床について

開放型病院とは

開放型病院とは、病院の施設や機能を、地域医療機関の医師にも開放している病院のことをいいます。開放型病院になるためには規定の条件の整備をして都道府県知事に届出・承認を受ける必要があります。

  • 医師会等との合意(契約等)
  • 院内運営規定の整備
  • 20以上の診療所の登録又は地域医師会の5割以上の登録
  • 30日間の試行期間中における2割以上の共同診療の実績

等々の条件が必要とされています。

開放型病床とは

病院の施設、機能の開放の一環として、病床の一部を、診療所のかかりつけ医に開放し、当院の医師と共同して診療を行うものです。
 
診療所の医師が患者さまの入院が必要と判断した場合、開放型病床を利用いただきますと、かかりつけ医は、入院後も引き続き患者様を訪問し、当院の医師と力を合わせて治療にあたることができます。
 
退院後は、引き続き、かかりつけ医のもとで治療を受けます。

共同診療について

紹介患者さまが入院された場合、当院担当医と共同で診療・指導にあたることを「共同診療」といいます。
 
共同診療の報酬は、開放型病院共同指導料(Ⅰ)として患者さまに請求することができます。
 
登録医の御希望と患者さまの同意があれば当院が患者さまの自己負担分を代行徴収することも可能です(乳児医療の対象者など自己負担が発生しない患者さまを除く)。ただし、保険請求分は、診療所からの御請求となります。

登録医になられても共同診療を行うことは義務ではありませんので、診療のすべてを当院の医師にお任せいただける場合は、共同診療にお越しいただく必要はありません。
 
また、地域医療機関で経過観察中の患者さまが病状の急変等により当院に直接来院し入院となった場合、この患者さまの入院治療を開放型病床において行うかなどかかりつけ医と速やかに御相談いたします。

登録医制度について

開放型病院になるためには病院と直接雇用関係のない診療所などの医師に登録医となっていただかなければなりません。これが登録医制度です。

  1. 登録の対象

    小田原医師会に所属する医師及び当院の病院長が特に認めた者とします。登録に当たっては特別な資格や特定の診療科目を標榜している必要はありません。登録にかかる費用は無料です。

    地域の病院に勤務される医師の登録や開放型病床の御利用もお受けいたしますが、診療報酬上の規定から開放型病床の開放型病院共同指導料(Ⅰ)は、診療所の医師のみが算定可能となっております。
  2. 登録の申請

    あらかじめ「小田原市立病院開放型病床登録医申請書」により登録の申請をお願いいたします。直ちに開放型病床の利用や共同診療を予定されていない場合でも登録をお受けいたします。
  3. 登録医証の発行

    登録医の申請を行った医師に対し別に定める様式(様式2)に基づき登録医証を発行いたします。開放型病床に入室される際は、なるべく登録医証の携帯をお願いいたします。
  4. 登録の有効期間

    登録期間は登録の日から登録の日の属する年度の3月31日までとします。ただし、特に申し出のない場合は引き続き期間を延長します。
  5. 登録内容の変更及び辞退

    登録証に記載された事項に変更が生じたりこの証を紛失されたりした場合は、速やかにお申し出下さい。また登録医を辞退される場合は、登録証をお返しください。

患者さまにとっての利点

かかりつけ医(登録医)と病院での診療が継続的に行われることになり、普段の診療と病院での診療の無駄が省けます。
 
つまり、通常の診療は登録医であるかかりつけ医にかかり、より専門的な診療や入院が必要な時は、紹介により病院にかかることで一貫した治療を受けることができます。

登録医にとっての利点

紹介患者さまがご入院された時には、病院に出向いて共同で診療にあたることができます。
 
入院中も紹介患者の状態を把握することができるため、退院後の診療に役立ちます。
 
また、病院の機能や施設を利用して、診療所の医師の専門的な知識や技能を維持、向上させることができます。

病院にとっての利点

症状が落ち着いた患者さまを登録医である地域医療機関に任せることができるため、本来の機能である高度な専門的な医療に専念することができます。

入院の手続きについて

登録医が当院医師と共同で診療、指導等を行う場合の申込み手順です。入院のみを依頼される場合は従来どおり診療情報提供書によるか、緊急の場合はお電話によるお問い合わせをお願いします。
 
また満床その他の事由でお受けできない場合もありますのであらかじめ御承知ください。

  1. 開放型病床への入院の申込み

    開放型病床に患者さまの入院を希望する登録医は、あらかじめ「開放型病床利用申込書」に必要事項を記入の上、FAXにより当院の紹介予約専用FAXに送信してください。
  2. 入院の決定

    当日又は翌診療日までに空床を確認し担当医を決定した後、病棟、病室、入院予定日を決め確認書を登録医にFAXでお送りいたします。

    なお、緊急を要する場合には、当院医師に直接電話でお申込みいただくか診療情報提供書(紹介状)による申込みも可能です。
  3. 入院当日

    患者さまは、指定された入院日に入院の受付にお越しください。入院保証書等は入院後速やかに提出していただきます。

    患者さまが無事入院されましたら、登録医にその旨FAXで御連絡いたします。

患者さまが入院したら

  1. 治療計画について

    御紹介いただいた登録医と治療計画について御相談させていただきます。入院後の診療に関しては、当院担当医が主治医として責任を持たせていただき、登録医が副主治医として診療に当たっていただきます。
  2. 御来院時には

    登録医が開放型病床にお越しになる際は、事前に当院担当医まで御一報いただければ主治医より経過を御説明いたします。また、共同診療を目的とせず患者さまをお見舞いいただくだけでも結構です。
  3. 経過報告について

    御紹介いただきました患者さまの状況は随時担当医から御報告いたします。
  4. 退院について

    患者さまの退院が近くなりましたら改めて御紹介いただいた登録医と退院日や退院後の治療計画について御相談させていただきます。

報酬等について

登録医が開放型病床において共同診療を行った場合には、開放型病院共同指導料(Ⅰ)を算定することが可能ですが、これ以外に当院から共同診療を行った登録医に対する報酬等の支払はありません。

<参考>

開放型病院共同指導料(Ⅰ)

診療所の医師が病院に赴いて診療を行った場合 1人1日つき350点

(退院時共同指導加算:退院後の療養上必要な指導については330点を加算)

診療所が保険請求。ただしその場合の再診料、外来診療料及び往診料は算定できない。

開放型病院共同指導料(Ⅱ)

病院が診療所の医師と共同で診療を行った場合 1人1日つき220点

(退院時共同指導加算:退院後の療養上必要な指導については430点を加算)

病院が保険請求

この情報に関するお問い合わせ先

病院管理局:医事課

電話番号:0465-34-3175


この情報についてのご意見・ご感想をお聞かせください!

このページの情報は分かりやすかったですか?

※システム上、いただいたご意見・ご感想に対する回答はできません。
回答が必要な内容に関しましては、お問い合わせ先の担当課まで直接お願いいたします。
※住所・電話番号等の個人情報については記入しないようお願いいたします。
※文字化けの原因となる、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは記入しないようお願いいたします。

交通アクセス

小田原駅西口より

バスをご利用の方
2番乗り場より
久野車庫、船原、坊所、久野車庫行き〜市立病院前下車
所要時間約10分
タクシーをご利用の方
所要時間約5分

アクセスマップへ

小児科携帯電話予約
小田原市立病院携帯サイト
紹介予約システムへのリンクバナー

診療科のご案内


小田原市役所
住所:〒250-8555 神奈川県小田原市荻窪300番地(郵便物は「〒250-8555 小田原市役所○○課(室)」で届きます)
電話:0465-33-1300(総合案内)